「ミレニアムジェイド」の登場は完全終了のフラグ!? ファンがやきもきする「日産GT-R」の行方 (1/2ページ)

「ミレニアムジェイド」の登場は完全終了のフラグ!? ファンがやきもきする「日産GT-R」の行方

この記事をまとめると

■GT-Rの2022年モデルは既に受注を終了している

■2023年以降のモデルに関してはまだ正式な発表がない

■「ミレニアムジェイド」という専用色を採用してることから生産終了が噂されている

T-SPECで終わり? 2023年モデルのGT-Rは出るのか

 ご存じのとおり、日本が世界に誇るハイパフォーマンスカー、日産GT-Rの新規受注がストップしている。日産の公式ホームページには、春から『「NISSAN GT-R」2022年モデルは、注文台数が予定販売数量に達したため、オーダーを終了いたしました』と表示されており、2023年モデルがどうなるかについては触れられていない。

 また、2021年9月に発表された2022年モデルには、100台限定の特別仕様車「Tスペック」が設定され、そのTスペックには「ミッドナイトパープル」と「ミレニアムジェイド」の2色が追加されている。

【関連記事】日産GT-Rの中古価格がいきなり爆騰! 最低800万円・最高6000万円の異常事態の理由とは?

2022年モデルGT-R2台並び画像はこちら

 この2色のうち、「ミッドナイトパープル」はR33GT-Rにも設定されていたほか、「ミッドナイトパープルⅡ」として、R34GT-Rに300台限定で設定されていたことでもお馴染みのカラーだが、「ミレニアムジェイド」はR34GT-Rの最終限定車「VスペックⅡニュル/Mスペックニュル」専用の限定カラーだ。

 とくに「ミレニアムジェイド」は、現在GT-Rの開発責任者を務めている、田村宏志チーフプロダクトスペシャリストが、R34のファイナルエディションを企画したとき、「Mスペックの高品質な乗り心地にあった大人の色を作ってほしい」とリクエストしてできたスペシャルなカラーだ。その「ミレニアムジェイド」が出てきたとなると、2007年に登場したR35GT-Rもいよいよ生産終了、と思う人がいてもおかしくない。

35GTーR T-SPEC画像はこちら

 その1番の根拠は、ボディカラーだけでなく、現行のR35GT-Rの仕様では、2022年9月から適用されるヨーロッパの新しい騒音規制をクリアできないという問題があるからだ。この問題があるために、日産ではGT-Rの2022モデルの受注を早々に打ち切り、8月31日までに販売終了にせざるを得なかったのだ。

T-SPECエンジン画像はこちら

名前:
藤田竜太
肩書き:
モータリングライター
現在の愛車:
日産スカイラインGT-R(R32)/ユーノス・ロードスター(NA6)
趣味:
-
好きな有名人:
-

画像ギャラリー


新着情報