ド派手なエアロで誰が呼んだか「バットモービル」! 軽量化命で誕生した「BMW 3.0CSL」というたった1000台の名車 (1/2ページ)

ド派手なエアロで誰が呼んだか「バットモービル」! 軽量化命で誕生した「BMW 3.0CSL」というたった1000台の名車

この記事をまとめると

■「バットモービル」の愛称でよく知られているのがBMW 3.0CSLだ

■BMW 3.0CSLは1971年に登場した3.0CSのライトウェイトバージョンとして誕生した

■BMW 3.0CSLはシリーズIIIまで進化を果たし、1039台が生産された

レースで勝つために誕生したホモロゲーションモデル

 BMWのプロダクションモデルをキャンバスに、気鋭のアーティストが各々の作品を生み出すアートカーでも、そしてもちろんその運動性能の高さから、1970年代には数多くのレース・イベントで多くの勝利を獲得したことでも知られる「3.0CSL」。その奇抜な、というよりも究極的な機能美から「バットモービル」の愛称でも知られるこのモデルが今回のコラムのテーマだ。

【関連記事】ひと目で「家族」とわかる同じ顔は「腎臓」! BMWの「キドニーグリル」が誕生した理由

BMW 3.0CSLのフロントスタイリング画像はこちら

 ちなみにこの3.0CSLの歴史をさかのぼっていけば、その始祖にあるのはE9型と呼ばれる1968年デビューのビッグクーペ、2800CS。1971年にはマイナーチェンジによって、排気量をそれまでの2.8リッターから3リッターにまで拡大した3.0CSが誕生するが、BMWにとってそれをモータースポーツの世界に投入することは、それまでにも証明されているとおり、もっとも効果的なセールス・プロモーションだった。

 BMWがそのためにサーキットに投じたのが3.0CSのライトウエイト版で、これがここでの主題である3.0CSLだ。

BMW 3.0CSLの走行シーン画像はこちら

 E9型は当時ベルトーネに在職していたマルッチェロ・ガンディーニの手によってスタイリングされたビッグクーペで、その美しいライン構成は大きな話題となっていた。

名前:
山崎元裕
肩書き:
AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員 /WCOTY(世界カーオブザイヤー)選考委員/ボッシュ・CDR(クラッシュ・データー・リトリーバル)
現在の愛車:
フォルクスワーゲン・ポロ
趣味:
突然思いついて出かける「乗り鉄」
好きな有名人:
蛯原友里

画像ギャラリー


新着情報