中国で「クラウン」ファミリーが続々増加中! 専門ディーラーの誕生も噂されるほどの人気の理由は「富の象徴」だった (1/2ページ)

中国で「クラウン」ファミリーが続々増加中! 専門ディーラーの誕生も噂されるほどの人気の理由は「富の象徴」だった

この記事をまとめると

■広州モーターショーで新型クラウン・スポーツクロスが発表された

■日本で生産したクラウン・クロスオーバーを輸入して販売するという

■中国においてクラウンブランドは富や成功の象徴

2025年までに“クラウン専門店”を40店舗展開!?

 2022年12月30日より、中国・広州市内において広州モーターショー(広州車展/第30回広州国際汽車展覧会)が開催された。そして、その広州モーターショー会場内で行われたトヨタのプレスカンファレンスにて、一汽豊田のラインアップとして新型クラウン・スポーツクロス(皇冠 Sport Cross/日本名クラウン・クロスオーバー)が正式デビューした。中国国内での現地生産は行われず、日本で生産された完成車を輸入して販売されることになる。価格は36.9万元(約701万円)~42.9万元(約815万円)。日本同様に2.5リッター(2WD)と2.4リッターターボベース(4WD)の2タイプのハイブリッドユニット搭載車がラインアップされている。

 日本で正式デビューした時、内外装のデザインが中国の消費者の好みに合っているように見えたので、中国国内で現地生産して量販を行うかと思っていたのだが、あえて日本製モデルとしてプレミアをつけているようにも見える。中国国内ではすでに日本にけるヴェルファイアをクラウン・ヴェルファイア(威尓法)という車名として日本から完成車を輸入販売している。

【関連記事】全店扱いでも「クラウン」は売れず! 「ステイタス」の高さゆえに悩める「王冠マーク」のゆくえ

クラウン・ヴェルファイアのエクステリア画像はこちら

 さらにハイランダーベースとなる、クラウン・クルーガー(皇冠陸放)が中国国内で現地生産され販売されている。そして、それぞれ一汽豊田のモデルとしてラインアップ。つまり、クラウン・クルーガー以外は日本から完成車として輸入されたモデルがクラウンシリーズとしてラインアップされている。

クラウン・クルーガーのエクステリア画像はこちら

 クラウン・スポーツクロスが発表された広州モーターショー会場内でのトヨタのプレスカンファレンスでは、日本でもお披露目だけされたクラウン・セダンが壇上に置かれ、詳細の発表はなかったものの中国国内での販売を予定していることも発表されている。

クラウン・セダンのエクステリア画像はこちら

 さらに、全中国なのか規模ははっきりしないものの、2025年までにクラウンシリーズのみを展示する専用ディーラーを40店舗展開するとの地元メディアの報道もある。

名前:
小林敦志
肩書き:
-
現在の愛車:
2019年式トヨタ・カローラ セダン S
趣味:
乗りバス(路線バスに乗って小旅行すること)
好きな有名人:
渡 哲也(団長)、石原裕次郎(課長) ※故人となりますがいまも大ファンです(西部警察の聖地巡りもひとりで楽しんでおります)

画像ギャラリー


新着情報