「その他コラム」の記事一覧 - 5ページ目

【今さら聞けない】巷で言われる「クルマの家電化」ってどういう意味?

コモディティ化や電動化など文脈によりいくつかの意味を持つ  かなり以前から「クルマの家電化」といった表現はある。その意味合いというのは文脈で変わるが、白モノ家電のようにコモディティ化してしまい値段だけで選ばれる存在になる…

続きを読む...

【ニッポンの名車】あり得ないほど贅沢な専用設計! FRオープンスポーツ・ホンダS2000

NAエンジンながらリッター125馬力を実現  S2000は、本田技研工業創立50周年記念として、1998年に発表され、翌年4月から販売され2009年8月に生産終了。ホンダでは、S800から29年途絶えていたFR車の復活と...

続きを読む...

富士山を目指す違法改造車はコレがモチーフ! 超絶人気を誇った「シルエットフォーミュラ」

姿をまねた出っ歯の違法改造車が大流行に  シルエットフォーミュラとは、1970年代後半、スーパーカーエイジを夢中にさせたツーリングカーレースのカテゴリー。  FIAは、1976年からグループ5の車両による、世界スポーツカ...

続きを読む...

【平成の世にも健在】自動車のしめ飾りで2017年の安全運転を願うのはいかが?

神社での交通安全祈願も多様化している  苦しい時の神頼み、とは世界共通のことだ。神社でも教会でも、人は何か困ったとき手を合わせる。交通事故の原因はさまざまだが、予想もしない出来事が要因になることが多い。「そんな馬鹿な! …

続きを読む...

【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

現役デザイナーからも尊敬される才能の持ち主  マルチェロ・ガンディーニ。スーパーカー世代であれば、この名前を聞いただけで、キュン死もしくは悶死だろう。天才、そして奇才とも呼ばれ、一般的なカースタイリングとは一線を画すデザ…

続きを読む...

【カングーからメガーヌまで】MTを嗜むドライバー必見のルノー車たち

効率だけでは語れないMTの魅力が多くの車種で味わえる  例えば機械式の腕時計には特有の味わい深さと所有する喜びがあるように、たとえば吸入式の万年筆にはほかの筆記具には望めない書き心地と充足感があるように、つきあうのにちょ...

続きを読む...

【ニッポンの名車】ヨタハチの名前で愛されたトヨタスポーツ800

徹底的な空力処理と軽量化が行われた  最近は変わってきているが、カローラの80点主義に代表されるように手堅いクルマ作りがトヨタの身上ではあった。ただ、歴史を振り返ってみると、突然独創的でユニークなクルマを世に出すのもまた...

続きを読む...

【意外!?】日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したマイナー車4選

マイナーだがチャレンジングなコンセプトが光る受賞車  今年の第37回・日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)はスバル・インプレッサスポーツ/インプレッサG4の受賞で幕を閉じた。すでに今回で37回目となるカー・オブ・ザ・イ...

続きを読む...

【70年代のF1マシン】アメリカ系チーム「シャドウ」「ペンスキー」「パーネリ」

北米大陸からのチャレンジャー  イタリアやフランス、イギリス、そしてドイツなどヨーロッパの主要チーム/コンストラクターが大勢を占めてきたF1GPだが、70年代にはアメリカ系のチームも参戦していた。その先駆けとなったのはド...

続きを読む...

なんと国内累計販売台数500万台! 偉大なる軽自動車スズキ・アルトの歴史を振り返る

500万台は派生車種となるアルトラパンを除いた数字!  日本独自の規格である軽自動車。その軽自動車を語る上で外すことができないといっても過言ではないのが、スズキが1979年5月に発売を開始させたアルトだろう。  そんなア...

続きを読む...

【スバリストが選ぶライバル】歴代最強の三菱ランサーエボリューションはこれだ!

スバリストさえリスペクトした歴代トップ3!  90年代当時、初代スバル・インプレッサWRXに乗るスバリストにとって、ランエボこと三菱ランサーエボリューションはまさに不倶戴天の敵。WRCでも市販車でも、「ランエボに勝つこと...

続きを読む...

【意外と知らない】スポーツカー乗りが言う「クロスミッション」って何?

各ギヤ比の差を近づけたトランスミッションのこと  クロスミッションとは、トランスミッションの各ギヤのギヤ比の差が、標準のミッションよりも近いギヤを組み合わせているミッションのこと。レシプロエンジンでは、エンジンの回転数の…

続きを読む...

【どうせ選ぶなら主張したい】クルマの希望ナンバー語呂合わせ44選!

車名を数字に置き換えた語呂合わせも多数  ナンバープレートの1~9999までの数字を、登録時に選べる希望ナンバー制度。ゾロ目から縁起のいい数字など、いろいろな組み合わせが考えられるが、人気が高い数字に関しては、毎週月曜日...

続きを読む...

【今さら聞けない】モータースポーツのジャンル「ジムカーナ」って何?

舗装された路面にコーンを置き設定されたコースをタイムで競う  モータースポーツのジャンルのひとつで、舗装された路面に、パイロンなどで任意にコースを設定し、そこを1台ずつ走って、計測されたタイムを競う競技。  日本では、1...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  2. 「燃費なら日本車」の時代は終わった! 国産車を脅かす好燃費の輸入車4選

    「燃費なら日本車」の時代は終わった! 国産車を脅かす好燃費の輸入車4選

    ハイスピードの欧州育ちゆえに高速巡航の実燃費はとくに優れる 最近のクル...

  3. 中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    当然鍵は希少性だが売れまくった車種でも高値になる可能性も クラシックカ...

  4. 走り好き必見! 予算100万円でサーキットデビュー可能な中古モデルたち

    走り好き必見! 予算100万円でサーキットデビュー可能な中古モデルたち

    普段乗りからサーキットまで1台でこなせるモデルも多数 サーキット=本格...

  5. 先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代カムリの700台に対し2400台という月販目標 2017年7月10...

  6. 電気で走れる楽しさがさらにアップ! 日産ノートe-POWERのチューニングアイテム登場

    電気で走れる楽しさがさらにアップ! 日産ノートe-POWERのチューニングアイテム登場

    走りの良さだけでなく燃費を重視したモードも 日産のモータースポーツ活動...

  7. 悲しき開発者の熱い想い! 中身は凄いが売れなかった残念なクルマ4選

    悲しき開発者の熱い想い! 中身は凄いが売れなかった残念なクルマ4選

    技術やコンセプトにこだわりの詰まったクルマばかり クルマに限らず、いい...

  8. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  9. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  10. 買っておけばよかった……限定車でもないのに新車より高値で売られる中古車3選

    買っておけばよかった……限定車でもないのに新車より高値で売られる中古車3選

    日本のマンガで有名となった1台も今は高値安定 中古車の価格というものは...