「ダイハツ」の記事一覧

限定車でも超高額車でもないのに見つからない! 入手困難な国産中古車4選

わずか59台しか生産されていないクルマも……  クルマに限らずいえることだが人は数量限定、希少モデルといった言葉に弱いもの。おかげでレアなクルマは中古車相場でも高価だったりするわけだが、限定車ではなかったのに販売台数が非...

続きを読む...

ハイブリッドなのに日陰の存在! ひっそり消えたマイナーHV車3選

今考えると時代を作った偉大なるモデルもある  もはや街中でハイブリッド車を見ない日はないほど一般化したハイブリッド。2018年9月度の販売台数ランキングのトップ10でもラインナップの中にハイブリッド車を持たないのは10位...

続きを読む...

馬鹿売れホンダN-BOXか? ガチライバルのタントかスペ—シアか? 子育てママ目線で徹底比較

小さな子供が居る家庭ならN-BOX  子育て中は、毎日が猫の手も借りたいくらいドタバタで、「クルマがあって良かった!」と感じる瞬間が本当にたくさんあるものです(シミジミ)。中でも、心底ママ想いの装備が揃っているなぁと感心...

続きを読む...

ダイハツ・ブーンがマイナーチェンジ! 可愛らしいルックスの新グレード「スタイル」誕生

女子ウケ抜群の可愛らしいルックスに注目!  ダイハツは、小型乗用車「ブーン」をマイナーチェンジ。オリジナルグレード「ブーン・スタイル」を新たに設定した。  新グレードとなる「ブーン・スタイル」は、丸みのある可愛らしいシル.…

続きを読む...

えっ、軽かよ……とならない女子ウケ抜群のデートで使える軽自動車5選

デートの雰囲気を盛り上げてくれる軽自動車も結構ある  今ドキ女子はと〜っても心が寛容で、デートにカーシェアリングのクルマで迎えに行ってもぜんぜんOKだって言うじゃないですか!? 普段は電車や自転車だから、クルマに乗れるだ...

続きを読む...

ダイハツ・ミラ トコットの優れた走りを作り上げた女性エンジニアのワザ!

女性の求める「運転のしやすさ」は男性とは違う 「自分にちょうどいい、欲しいと思うクルマがない」と訴える若い女性たちの声に気づき、女性社員たちによる“現代女性の感性変化を調査する”プロジェクトを立ち上げたダイハツ。その中で...

続きを読む...

【試乗】脱女子ウケ! 脱カワイさ!! でもそれがいいダイハツ・ミラ トコット

NAながらも軽やかな加速を見せる  ひっそりと引退したアイドルのように、いつの間にか姿を消していたミラココアに代わり、ダイハツが新たに若い女性や初心者ユーザーをターゲットとして開発したのが、ミラ トコット。すでにTVCM...

続きを読む...

女子しか乗れないクルマは要らない! ダイハツがミラトコットで図った脱カワイイ化の狙い

親子で共有できるクルマを目指した  6月25日にダイハツは新型軽自動車“ミラ トコット”の発表・発売を行った。それまでラインアップされていた、“ミラ ココア”の後継モデルと報じるメディアが多いが、トコットのスタイルを見る...

続きを読む...

若年女性がターゲットの新型ダイハツ ミラ トコット発売! 外観や安全装備など車両詳細をチェック

好評だったミラ ココアの後継モデルとして登場  2018年6月25日、ダイハツの新型軽自動車「ミラ トコット」が発売された。開発コンセプトを「誰でもやさしく乗れる、エフォートレスなクルマ」とし、同社の軽自動車のスタンダー...

続きを読む...

ハイゼット トラックは女性の意見も反映! ダイハツが応援する農業女子プロジェクトとは?

たくさんの企業が農業に携わる女性を応援するプロジェクト!  先日、軽トラック初となる自動安全ブレーキ「スマートアシストⅢt」を搭載し、安全性を高めたダイハツ・ハイゼットトラック。農作業者の強い味方であるが、そんなダイハツ...

続きを読む...

高齢者の農作業も安心! ダイハツ・ハイゼットの自動ブレーキの性能を試乗チェック

ステレオカメラで性能は申し分なし  すでにTVでCFを多数流しているためご存じの方も多いだろうけれど、ハイゼットのトラックに自動ブレーキが付いた。もちろん軽トラック初である。この市場、TVCFのバックグラウンド通り「そろ...

続きを読む...

軽トラック初の自動ブレーキ採用! ハイゼット トラックが安全装備を充実

高齢ドライバーや日常ユースでの使用頻度も考慮して採用した  1960年に登場して以来、農業や建設業、サービス業など幅広い分野で愛されているダイハツの軽商用車「ハイゼット トラック」。軽トラックでは初、またダイハツのMT車...

続きを読む...

【大阪オートメッセ】ミライース・スポルザも市販化予定!? ダイハツブース小洒落たクルマに注目

軽商用車モデルのカスタマイズにも注目が集まった 大阪に拠点をかまえるダイハツが大阪オートメッセに9台のカスタマイズカーを展示した。パールホワイトと黒を組み合わせる「プレミアム」と往年のモデルをモチーフにした「スポーツ」、.…

続きを読む...

激速軽自動車! マツダ・ロードスターよりも速いダイハツ・コペンが登場

筑波サーキットで1分13秒のマツダロードスターより2秒も速い  ダイハツ車のトータルチューニングブランド「D-SPORT」が、今年はコペンのチューニングに力を入れているをご存じだろうか? これまでサーキット色の薄いコペン...

続きを読む...

現存台数はわずか3台! ダイハツ東京本社に激レアモデルの「Bee」が展示中

2018年3月末までダイハツ東京本社で展示中 三輪車と聞いて何を思い浮かべるだろうか。多くの人は子供用の乗りものかトライク(三輪バイク)、もしくはマクドナルドやガストで使われている三輪スクーターといったところだろう。かつ...

続きを読む...

1 / 612345...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  2. ビッグネームでもダメ! クルマはいいのにデザインで売れない残念な現行車5選

    ビッグネームでもダメ! クルマはいいのにデザインで売れない残念な現行車5選

    走りと機能を追究したのに見た目で勝るライバルに負けたモデルも 1950...

  3. じつは日本車ってスゴイんです! 今でも語り継がれる国産スーパーカー5選

    じつは日本車ってスゴイんです! 今でも語り継がれる国産スーパーカー5選

    世界に誇れる日本メーカーの底力がこれだ スーパーカーにカテゴライズされ...

  4. 日本カー・オブ・ザ・イヤーからスバルとスズキが辞退! その是非を問う

    日本カー・オブ・ザ・イヤーからスバルとスズキが辞退! その是非を問う

    COTYの原点に立ち返れば選ぶ側が決めるべきこと 毎年恒例のイベントに...

  5. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  6. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  7. 愛すべき負け組! 売れないのが残念すぎる魅力的なクルマ3選

    愛すべき負け組! 売れないのが残念すぎる魅力的なクルマ3選

    走りや機能面がいくらよくてもクルマは売れないこともある ミニバン:ホン...

  8. マイナーチェンジも不発! テコ入れしても売れない国産現行車5選

    マイナーチェンジも不発! テコ入れしても売れない国産現行車5選

    売れ筋ジャンルにもかかわらず売れないモデルも 発売されても売れ行きがい...

  9. 【月販数十台のクルマも】売れない車種を販売し続ける理由とは?

    【月販数十台のクルマも】売れない車種を販売し続ける理由とは?

    他メーカーへの流出を避けたり海外での販売促進など理由は多い 日系ブラン...

  10. 【映画やTVで活躍したマシン】マッドマックスの主人公の相棒「インターセプター」

    【映画やTVで活躍したマシン】マッドマックスの主人公の相棒「インターセプター」

    もっとも忠実に再現されたレプリカは日本で走っている ・V8インターセプ...