「トヨタ/レクサス コロナ」の記事一覧

トヨタ/レクサス コロナに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

レトロおしゃれな「国産旧車」がたった100万円! 旧車趣味の入口にオススメの50年以上前のクルマ3台

この記事をまとめると ■100万円台から狙える旧車をピックアップ ■現代にはないデザインということもあり、魅力的な作りをしている個体も多い ■旧車なので維持管理にはそれなりの手間と労力がかかることを覚悟する必要がある 旧...

続きを読む...

カローラはサニーやシビックとだけ争っていたワケじゃない! トヨタの仁義なき「同門バトル」は30年以上前から続いていた

この記事をまとめると ■今の時代、さまざまなボディタイプのクルマが売れている ■昔はトヨタ カローラのような大衆セダンが人気だった ■この時代から既にトヨタ同士のライバル対決が始まっていた トヨタの同系車種のライバル関係...

続きを読む...

日産もホンダも三菱もマツダも挑んでは散っていった「5ドアセダン」という難ジャンル! 日本に根付かせた「意外すぎる」1台とは

この記事をまとめると ■1980〜90年代、日本車メーカーは5ドアハッチバックなるモデルを登場させた ■5ドアハッチバックはステーションワゴンに取って代わられてブームには至らなかった ■2003年に登場したとあるクルマに...

続きを読む...

なぜか今テレビCMで引っ張りだこの「バリカン」コロナ! プチブレイク中の3代目コロナって何もの?

この記事をまとめると ■最近テレビCMなどで3代目コロナをよく見かける ■日本のモータリゼーションを3代目コロナがけん引していた時期があった ■フロントまわりのデザインから「バリカンコロナ」という愛称が付けられた カロー...

続きを読む...

生き残るのは至難のワザ! 期待されて登場するも消えた「5ドアハッチバック」5選

トヨタは市場を模索しつつ5ドアハッチバックを多く投入していた  4ドアセダンに始まりFF2BOX、1BOXワゴン、ミニバンと時代に応じて市場の支持を集める車両形態は変化を続けてきたが、なぜか注目を浴びない車型があった。5...

続きを読む...

RX-7「じゃない」アンフィニも! いまや絶滅危惧種の90年代「FFスポーツセダン」4台

かつては4ドアセダンにもスポーツグレードが多く用意された  今となっては懐かしい1990年代は国産スポーツモデルがもっとも輝きを放っていた時代とも言えるのではないだろうか? マツダRX-7やトヨタ・スープラ、日産スカイラ...

続きを読む...

いまやバカ売れもかつては「不人気」ジャンル! 生まれた時代が悪かった「残念な」5ドアハッチバック4台

一昔前までは不人気なボディタイプの代表格だった  実用性も重要なファクターとなるクルマにあって5ドアハッチバックは今、街中でもっとも見かけるボディタイプと言っても過言ではないだろう。トヨタ・ヤリスやホンダ・フィットといっ.…

続きを読む...

マニアすらも驚くレアっぷり! しかも安くてイケてる「脱定番」旧車4選

この記事をまとめると ■近年は旧車の価格が急騰している ■すべての旧車が高騰しているわけではないので手頃な価格で狙える旧車もある ■整備や部品の調達などで苦労することも多く、安いからと手を出すと痛い目にあうことも 魅力的...

続きを読む...

「銭ブル」「タコツー」「おばけローレル」! 「遊び心」が全国区になった驚きのクルマの愛称8選

ブサカワ系からイカツイものまで愛称のつくモデルは幅広い  最近ではめっきり見かけなくなったのが、クルマの愛称。ハコスカやダルマなど、車名よりも浸透しているもので、実際仲間内のやり取りでもよく使われたものだ。クルマがそれだ…

続きを読む...

【枝分かれした派生の名前がいつしかメインに!】サブネームから生まれたクルマ8選

スペシャル感やスポーティさを表すためにサブネームが付けられた  完全な新型車が登場する場合、まったく新しい車名というだけでなく、サブネームが付けられることもある。最近では少なくなったが、簡単に言えば枝分かれという形で、メ…

続きを読む...

見つけたらタクシーマニア感涙もの! いまはほとんど見かけないタクシー専用車両5選

セダンタイプのタクシー仕様もバリエーションが豊富だった  筆者がクルマ好きとなり、クルマ関係のメディアで仕事をするようになった、その原点はタクシーである。我が家がまだマイカーを持たなかった子どものころ、祖母の家を訪れる時…

続きを読む...

デイリーランキング