「タグ: タイヤ」の記事一覧

タイヤに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

大径なのに幅が狭い! クラウンやプリウスが「謎のサイズ」のタイヤを装着するワケ

この記事をまとめると ■いま大径タイヤを採用するクルマが増えている ■新型クラウンやプリウスはトレッド幅の拡大を抑えながらタイヤを大径化 ■これには燃費性能の向上などの狙いがある 燃費、走り、見た目を向上!  一時は、モ...

続きを読む...

公園の遊具になることも減りました! 年間で9100万本も出る「廃タイヤ」の第二の人生とは

この記事をまとめると ■クルマが走る際、タイヤはかせないモノのひとつ ■年間9100万本もの廃タイヤが発生している ■廃タイヤがどのようにリサイクルされているかを解説 廃タイヤは重量にすると1年間で98万7000トン  ...

続きを読む...

年に1、2回あるかないかの降雪のために買って寿命はたった数年! スタッドレスタイヤの「寿命」を延ばす方法とは?

この記事をまとめると ■雪道を走るうえで欠かせないスタッドレスタイヤ ■今回はスタッドレスタイヤの寿命を延ばす方法を解説 ■寿命は日常の点検や使用・保管方法によって変わる 日常の点検や使用・保管方法がキーとなる  氷上や...

続きを読む...

「Z・NSX・スープラ」GT500のチャンピオンマシン3台を堂々展示! ブリヂストンの輝かしい「レースの歴史」が熱い【東京オートサロン2023】

この記事をまとめると ■ブリヂストンはGT500クラスのチャンピオンマシン3台を「東京オートサロン2023」に出品 ■POTENZA RE-71RSを履く、大人気のGRカローラも展示 ■有名ドライバーからの次世代のモータ...

続きを読む...

スポーツタイヤからオフロードまで! TOYO TIRESは「Boost Your Engine」をテーマに8台を展示【東京オートサロン2023】

この記事をまとめると ■2023年1月13日(金)〜15日(日)に東京オートサロン2023が開催 ■TOYO TIRESブースを紹介 ■ブーステーマはBoost Your Engine 異なるタイヤを装着した8台の車両を...

続きを読む...

ラリージャパンの足もとを支えた「ピレリ」! 持ち込む本数も技術力も想像の斜め上だった

この記事をまとめると ■15年ぶりに日本でWRCが開催された ■WRCは世界最高峰のラリー ■現在タイヤはイタリアのピレリがワンメイク供給している ラリージャパンは愛知県を中心に開催されて地元トヨタも活躍  世界ラリー選...

続きを読む...

「お金」のためにも「安全」のためにも得しかない! クルマの新品タイヤは「慣らし」が超重要だった

この記事をまとめると ■タイヤは高価な消耗品だ ■クルマにタイヤを装着したら慣らし運転をするようにしたい ■慣らし運転の方法や効果について解説する タイヤの慣らしは性能を引き出すための重要な作業  クルマは買ったらずっと...

続きを読む...

【試乗】人生初の雪道でも不安なし……どころか楽しめた! ネクセンのオールシーズンタイヤ「N-blue 4season」の頼もしさに思わず笑顔

聞いてなければサマータイヤと思っていたかも……  厳しい夏の暑さが落ち着き、緩やかに秋冬へと移り変わっていくと思いきや、最近では天候がコロコロ変わる日が多かったですよね。これからの季節、視界の悪い雨の日の運転、地域によっ...

続きを読む...

クラウンは21インチ! どこまでタイヤは大きくなる!? 大径化のメリットとデメリットを明らかにする

この記事をまとめると ■タイヤの大径化トレンドはまだまだ止みそうにない ■クラウンのクロスオーバーモデルが大きなタイヤを標準装着したことも話題となった ■タイヤ大径化のメリット・デメリットを解説する 大径タイヤはスタイリ...

続きを読む...

じつはカラフルなタイヤも製造可能! それでもクルマのタイヤが「黒一色」である理由とは?

この記事をまとめると ■基本的にタイヤが黒一色である理由について解説 ■タイヤの色はカーボンブラックによるもの ■現在カラータイヤの製造が可能だが、流行しそうにない タイヤはカーボンブラックにより黒くなっている 「黒くて...

続きを読む...

純正ホイールでも「タイヤ幅」変更はOKだった! そのときの限度幅と注意点とは

この記事をまとめると ■タイヤの幅は純正サイズから変えることが可能 ■幅を変えることで、走りが変わることも ■しかし、前後10mm程度の変更に止めておくと良い 上手に選べば走りの微調整ができる!  諸元表を見てもわかるよ...

続きを読む...

なぜSUVには専用タイヤがいいのか? 愛車のネガを解消する「ブリヂストン・アレンザ」の性能とは

いまどきはドライ路でも専用タイヤを選ぶ時代!  たとえば雪道だったり、レースだったり、はたまた砂地や岩場などのオフロードであったり、いわゆる舗装路以外を走行するとき、専用タイヤを選ぶ必要性があることは、多くの人が理解して…

続きを読む...

日本「AA」は欧州の「B」! 日本と欧州で異なるタイヤ性能表記「ラベリング制度」とは

この記事をまとめると ■タイヤには「ラベリング制度」と呼ばれるグレーディングシステムがある ■転がり抵抗とウエットグリップ性能の等級を知ることができる ■日本と欧州のタイヤラベリング制度では等級の表記が異なる 転がり抵抗...

続きを読む...

オフロード御用達でも舗装路が快適! トーヨーの「オープンカントリーA/TⅢ」のマルチ性が圧倒的だった

SUVでアウトドアに行くならやっぱりオフ系タイヤがいい!  空前のアウトドアブームに触発されて、キャンプや車中泊、山遊びなどを始めてみたという人は多いハズ。しかしそのなかにどれくらいの人が、ロック走行やオーバーランドとい...

続きを読む...

EV時代はタイヤも変革が必要! 電気自動車がタイヤに求める性能がめちゃめちゃ厳しかった

 この記事をまとめると ■車両重量があるEVはタイヤへの負担も大きく、操縦安定性を保つ性能が求められる ■加えて、走行中の静粛性が高いEVは、タイヤによる騒音が大きいと乗員が不快に感じる ■EV用タイヤは、上級車種のよう...

続きを読む...

デイリーランキング