「タグ: 復活」の記事一覧

復活に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

これだけ中古が人気なんだから「復活」させるべき! ユーザーが「後継車」を切望する「絶版」国産モデル4選

復活を待ち望んでいるユーザーが多いモデルも存在!  さまざまな理由で生産が終了し絶版車となってしまったものの、現在でも根強い人気を誇っている車両というのは少なからず存在する。  先日2022年3月での生産終了が発表され、...

続きを読む...

スバル! ホンダ! マツダ! 時代の流れに逆らって生き残る「メーカー色」全開のエンジン3選

ボクサーサウンドを感じることができる最新モデルも!  世の趨勢は「電動化」に進んでいる。10年内に純粋なエンジン車は消えてしまうとも言われているし、電動化を強制していない日本市場であってもハイブリッドが増えていることを肌...

続きを読む...

ときに「回帰」も重要! スカイライン的「復活成功」を期待したいクルマ3選

スカイラインは「NISSAN」エンブレムに戻して評価上昇!  歴史のある車名というのは、個々のイメージが強いという点がメリットでもありデメリットでもある。そのため、新たな風を送り込みたいメーカーは、時として歴史あるブラン...

続きを読む...

電動化の象徴「アリア」とエンジンスポーツの雄「フェアレディZ」! 両極端な2車は日産を救えるか?

話題の2モデル投入で再びのV字回復となるのか? 「平坦な道なんて、なかった。何度もつまずき、転びかけた。それでも、逃げなかったろ。諦めなかったろ。そして、誰よりもクルマを愛してきただろ」。  ブランドアンバサダーの木村拓...

続きを読む...

すべてが「名車」扱いなのになぜ? いすゞが乗用車から離れて「復活しない」謎

国内ではビッグホーンを最後に乗用車事業から撤退した  2022年を目途に本社を、創業の地である東京・大森から神奈川・横浜に移転すると発表している「いすゞ」。その創業は1916年。国内の現存自動車メーカーのなかでは最古の歴...

続きを読む...

【名車名は効果あり?】スープラ・インサイト・エクリプスは復活車名の採用で成功か失敗か?

伝統の車名はネームバリューが大きい  クルマの名前というのは難しい。ほぼ同じタイミングで登場したコンパクトカーでも、トヨタが「ヴィッツ」をグローバルネームの「ヤリス」に変えたことでイメージチェンジを図った。一方、ホンダは…

続きを読む...

なくすには惜しすぎる! 時代の流れで消えるも復活してほしいクルマの技術7選+α

現代の技術なら蘇らせることが可能なものも  栄枯盛衰、日進月歩、流行り廃りといろいろあって、自動車の歴史の中で時代にもまれて消えて行った技術というのは山ほどある。  そうしたなかで、いまでも惜しい、できれば復活してもらい.…

続きを読む...

復活させるならスープラよりもコレ! 蘇ればヒット間違いなしのクルマ5選

いまは消滅してしまったカテゴリーのクルマも存在  トヨタから新型スープラが登場した。17年ぶりに復活したスープラは、伝統を感じさせる部分を色濃く残しながら、より純度の高いスポーツカーとなっている。そしてスープラのようにメ...

続きを読む...

新型車を続々投入で業績好調! アルファロメオが突如世界的に復活を遂げた理由とは?

M&Aで成功して新型プラットフォームを開発  アルファロメオが生まれ変わった。ほんの数年前まで、FFベースモデルしかなかったのが、2シーターミッドシップスポーツの4Cをリリースしたのに続いて、FRベースのセダン・...

続きを読む...

【試乗】アルピーヌA110の超軽量ボディに心酔! まるで軽飛行機のような自在感(動画あり)

まるで初代のように軽さを武器にワインディングを駆け抜ける  僕ら昭和世代の男の中で、アルピーヌA110の名を聞いて興奮しない者はいないと思う。雪のモンテカルロラリーを激走するシーンはあまりにも有名で、実物のA110を見た...

続きを読む...

初回限定50台は完売必至! いよいよ日本に上陸したアルピーヌA110の詳細をチェック

まずは限定車から発売しカタログモデルは年内に導入 「アルピーヌ」と聞いてもピンとくる方は少ないだろう。1955年に設立したフランスの自動車メーカーで、ラリーやル・マン24時間耐久レースといったモータースポーツに参戦するク...

続きを読む...

スープラが蘇るならこれも! 国産5メーカー復活を希望するスポーツカーたち

当時は低価格でとにかく楽しかったクルマ  スポーツカーというのは本当にスペシャルなクルマだ。性能やコストパフォーマンスに優れたスポーツカーは、二度のピークが訪れる。1度目のピークはデビュー当時で、現役のスポーツカーとして.…

続きを読む...

マツダのロータリーエンジン復活は不可能? どうしても乗り越えられない壁とは

細長い燃焼室形状による熱効率の厳しさ  マツダという自動車メーカーにとって、ロータリーエンジンは至宝です。なにしろ世界中の自動車メーカーが注目し、チャレンジしたにもかかわらず、世界に先駆けて量産化できたのはマツダ(当時は…

続きを読む...

名車の名前を復活させたクルマはその名に恥じない仕上がりか? 4車種でチェック

欧州車たちは初代オーナーを納得させるクルマに仕上がっている トヨタが誇るかつての名車“レビン”の名前が中国市場で復活している、というのは知ってる人は知ってるお話。日本市場でレビンの“レ”の字も聞こえてこないのはまぁいいと...

続きを読む...

現代に蘇れば成功間違いなし! 復活が待ち望まれる国産名車5選

旧型オーナーが復活を待ち望んでいるクルマ多し  年頭にあたり、後ろ向きな発想ながら「復活してほしい往年の名車」を挙げてみた。日産GT-RやフェアレディZ、トヨタ86など、往年の名車は一時的に途絶えても復活するケースが多い...

続きを読む...

1 / 212

デイリーランキング