「タグ: 復活」の記事一覧

復活に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

令和ギャルの「かわいい」確実! 昭和ブームのいま復活したら若者に大ウケしそうなレトロ装備5選

この記事をまとめると ■復活したら盛り上がりそうな懐かしの装備を振り返る ■絶滅した装備たちも決して使いづらかった装備というわけではなかった ■音などは今だからこそON/OFF機能などをつけて復活できそうな雰囲気もある ...

続きを読む...

令和の世に空前の昭和ブーム到来! その勢いでクルマでも復活希望の「昭和アイテム」10選

この記事をまとめると ■最近は昭和カルチャーが流行中だという ■クルマにも復活してほしい懐かしの装備をピックアップ ■法規の問題で難しいものもあるが、現代の技術でリバイバルすると面白いかもしれない 空前の昭和ブーム! 今...

続きを読む...

もはや使い尽くされている! 全然違うクルマなのに「復活車名」が付けられるワケ

この記事をまとめると ■懐かしの車名が今になって復活する理由に切り込む ■名前は同じでも、当時のクルマとスペックなどはかけ離れているケースも多い ■車名が復活する理由のひとつに「商標権」の問題があった 車名復活は「使える...

続きを読む...

目下「モッカ」の注目度が急上昇! オペルの日本再上陸で「貯金必至」のSUVの正体とは

この記事をまとめると ■オペルが日本に14年ぶりに上陸する ■話題を集めているのがコンパクトSUV「モッカ」である ■モッカの魅力とオペル再上陸の裏側を深掘りする 懐かしのオペルが上陸目前! なんのために日本に来る?  ...

続きを読む...

なぜいま「4WS」が再脚光? 1980年代に国産メーカーが一度「挫折」した技術が復活したワケ

この記事をまとめると ■1980年代に国産車がこぞって4WSを採用するもすぐに下火になった ■その理由は当時の技術力では完成度がイマイチだったため ■だがいま世界的に4WSが脚光を浴びているので理由を解説する 1980年...

続きを読む...

これだけ中古が人気なんだから「復活」させるべき! ユーザーが「後継車」を切望する「絶版」国産モデル4選

復活を待ち望んでいるユーザーが多いモデルも存在!  さまざまな理由で生産が終了し絶版車となってしまったものの、現在でも根強い人気を誇っている車両というのは少なからず存在する。  先日2022年3月での生産終了が発表され、...

続きを読む...

スバル! ホンダ! マツダ! 時代の流れに逆らって生き残る「メーカー色」全開のエンジン3選

ボクサーサウンドを感じることができる最新モデルも!  世の趨勢は「電動化」に進んでいる。10年内に純粋なエンジン車は消えてしまうとも言われているし、電動化を強制していない日本市場であってもハイブリッドが増えていることを肌...

続きを読む...

ときに「回帰」も重要! スカイライン的「復活成功」を期待したいクルマ3選

スカイラインは「NISSAN」エンブレムに戻して評価上昇!  歴史のある車名というのは、個々のイメージが強いという点がメリットでもありデメリットでもある。そのため、新たな風を送り込みたいメーカーは、時として歴史あるブラン...

続きを読む...

電動化の象徴「アリア」とエンジンスポーツの雄「フェアレディZ」! 両極端な2車は日産を救えるか?

話題の2モデル投入で再びのV字回復となるのか? 「平坦な道なんて、なかった。何度もつまずき、転びかけた。それでも、逃げなかったろ。諦めなかったろ。そして、誰よりもクルマを愛してきただろ」。  ブランドアンバサダーの木村拓...

続きを読む...

すべてが「名車」扱いなのになぜ? いすゞが乗用車から離れて「復活しない」謎

国内ではビッグホーンを最後に乗用車事業から撤退した  2022年を目途に本社を、創業の地である東京・大森から神奈川・横浜に移転すると発表している「いすゞ」。その創業は1916年。国内の現存自動車メーカーのなかでは最古の歴...

続きを読む...

【名車名は効果あり?】スープラ・インサイト・エクリプスは復活車名の採用で成功か失敗か?

伝統の車名はネームバリューが大きい  クルマの名前というのは難しい。ほぼ同じタイミングで登場したコンパクトカーでも、トヨタが「ヴィッツ」をグローバルネームの「ヤリス」に変えたことでイメージチェンジを図った。一方、ホンダは…

続きを読む...

なくすには惜しすぎる! 時代の流れで消えるも復活してほしいクルマの技術7選+α

現代の技術なら蘇らせることが可能なものも  栄枯盛衰、日進月歩、流行り廃りといろいろあって、自動車の歴史の中で時代にもまれて消えて行った技術というのは山ほどある。  そうしたなかで、いまでも惜しい、できれば復活してもらい.…

続きを読む...

復活させるならスープラよりもコレ! 蘇ればヒット間違いなしのクルマ5選

いまは消滅してしまったカテゴリーのクルマも存在  トヨタから新型スープラが登場した。17年ぶりに復活したスープラは、伝統を感じさせる部分を色濃く残しながら、より純度の高いスポーツカーとなっている。そしてスープラのようにメ...

続きを読む...

新型車を続々投入で業績好調! アルファロメオが突如世界的に復活を遂げた理由とは?

M&Aで成功して新型プラットフォームを開発  アルファロメオが生まれ変わった。ほんの数年前まで、FFベースモデルしかなかったのが、2シーターミッドシップスポーツの4Cをリリースしたのに続いて、FRベースのセダン・...

続きを読む...

【試乗】アルピーヌA110の超軽量ボディに心酔! まるで軽飛行機のような自在感(動画あり)

まるで初代のように軽さを武器にワインディングを駆け抜ける  僕ら昭和世代の男の中で、アルピーヌA110の名を聞いて興奮しない者はいないと思う。雪のモンテカルロラリーを激走するシーンはあまりにも有名で、実物のA110を見た...

続きを読む...

デイリーランキング