【注意】あなたのETCカード誤作動していませんか?

ETCカードの読み込みが悪くなったら車載機のクリーニング!

 ETCの車載機を長年使っていると、徐々にカードの読み込みが悪くなるのを知っていますか。ETCカードを車載機に入れようとしても反応しなかったり、そのまま知らずに料金所のバーに向かって走行! なんていうことにもなっってしまう。そこで知っておきたいのが、専用のETC車載機の読取接点部のクリーナーです。IMG_3087

 市販のカードタイプの接点クリーナーを使って接点部の汚れを落とせば、大半の接触不良はこれで解消! クリーナー自体は、ネット通販などで探すとおよそ2000円以内で入手できます。
(例 マクセル精器の接触式ICカードリーダライタ&ETC車載器 接点クリーナー / CLC-01など)

 また量販店などでは、ETC車載機の無料クリーニングサービスを実施しているところもあるので、こうしたサービスを利用するのもおすすめ。全国の高速道路においてETCの一般利用がはじまったのは、2001年から。そう考えると、なかには同じETC車載機を10年以上使っている人もいるはず。利用年月が長かったり、使用頻度が高いと、接点の接触不良も起きやすくがちです。
とはいえ、読み込みが悪いからといって、駐車中もETCカードを差しっ放しというのも不用心ですからね。

 作業は抜き差しをするだけなので、簡単だ。

 ETC車載器も、買い替えとなると、本体+工賃に他に、再セットアップ料も必要になって、癪に障るので、故障かな? そろそろ寿命かな?と思った人は、まずはクリーニングを。
料金所の前で、カードを読み込まない! なんて焦る前に、定期的なメンテナンスで、快適な高速道路の旅を楽しみましょう。

  

 [関連記事]

2016年4月からのETC2.0進化で通行料は安くなる?

圏央道の埼玉エリア全面開通で東名〜東北道移動が新幹線より速い!

人気スポット「海ほたる」でUターンすれば通行料金は800円!

画像ギャラリー