ジャン・アレジとジュリアーノ・アレジが鈴鹿で親子競演!

「対決」がテーマの鈴鹿のファン感謝デーで、親子F1対決!

 2016年3月12日(土)と13日(日)の2日間、鈴鹿サーキットでは、シーズン開幕を前に「2016モータースポーツ感謝デー(通称:ファン感)」が開催された。このファン感では、元F1ドライバー、ジャン・アレジさんと、ジャンさんとゴクミこと元女優の後藤久美子さんとの間に生まれたジュリアーノ・アレジさんが昨年に続いて来場。今回、このファン感の場でアレジ父子によるF1の競演が実現された。

【関連記事】入場無料! 2輪4輪のレースマシンが一堂に会する「モースポフェス2020 SUZUKA」開催決定

Alesi6ジャンさんは、2001年まで現役F1ドライバーとして活躍。1991年から1995年まではフェラーリ入りしていた。

 ジュリアーノ選手は、2000年生まれ(※要確認)の現在16歳。2015年シーズンはFIA-F4フランス選手権に初参戦し、2016年にはGP3にステップアップする。

Alesi012画像はこちらジャンさんは1987年の鈴鹿F1で優勝した「フェラーリF187」、ジュリアーノ選手は父ジャンさんが乗った「ティレル019」に乗車。土日の2日間、鈴鹿サーキットの東コースを3周する走行セッションを2回行った。

Alesi4画像はこちらそれ以外にも、トークショーも2日にわたって開催。日曜日のトークショーでは、ジャンさんからの提案で、会場にいたすべてのファンへ親子でサインをするという大サービスも!

 また、ジャンさんは、ホンダCR-Zを使用したドリームレースにも参加。F1ティレル時代にチームメイトとして一緒に活躍した中嶋 悟さんとの競演もこなした。

  

  

  

  

画像ギャラリー