すでに納期は3カ月以上! 新型スバルXVを日本で正式発表(動画あり)  (1/3ページ)

すでに納期は3カ月以上! 新型スバルXVを日本で正式発表(動画あり) 

全車アイサイト付きで価格は213万8400円から

 スバルのミドルサイズ5ドアハッチバック「インプレッサ スポーツ」をSUVテイストに仕立てたクロスオーバーモデル「XV」がフルモデルチェンジ。3代目となる新型の日本仕様が、4月6日に正式発表された。発表会は東京都江東区にある豊洲Brillianランニングスタジアムでの開催だ。

【関連記事】「クルマは新しいほどいい」は本当か?

「ファン・アドベンチャー」をコンセプトに、都会的で洗練されたデザイン、スバルらしいSUVとしての走破性、世界トップクラスの安全性能を兼ね備えるクロスオーバーSUVを目指して開発された新型XVは、現行5代目インプレッサがベース。新世代のプラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム(SGP)」と、新デザインフィロソフィー「ダイナミック×ソリッド」を全面的に採用したモデルの第2弾に位置付けられる。

画像はこちら

 この新型XVは、3月7日にスイス・ジュネーブ国際モーターショーでワールドプレミアを果たし、翌8日に日本仕様の先行予約受付を開始しているが、今回の正式発表でグレードごとの価格や装備の違いなど詳細が明らかにされた。

 グレードは安価なものから「1.6iアイサイト(213万8400円)」、「1.6i-Lアイサイト(224万6400円)」、「2.0i-Lアイサイト(248万4000円)」、「2.0i-Sアイサイト(267万8400円)」の4種類。ジュネーブショーで発表された欧州仕様のエンジンは2リッター直噴NAの「FB20」型のみだが、日本仕様には1.6リッターNAの「FB16」型が新たに用意された。

画像はこちら

 一方、先代では2013年6月に追加された「ハイブリッド」がラインアップから外れている。だがSGPは、ガソリン車からハイブリッドカー、PHV、EVまで幅広く対応させることを前提に開発されているため、モデルライフ途中での追加は大いに期待できそうだ。

 先代で北米や日本を中心に好評を博し、グローバル販売台数がインプレッサを上まわる大きな理由となった「スポカジスタイル」は新型も踏襲。インプレッサに対しアッパー・ロアともフロントグリルを大型化したほか、フロントバンパー下部と前後バンパーの両サイド、全幅をインプレッサより25mm広い1800mmに拡大させるオーバーフェンダーとサイドスカート、さらにはルーフスポイラーをマットブラックに仕上げることで、SUVらしいスポーティでカジュアルかつ迫力あるスタイルを与えている。

画像はこちら

 また、SUVらしい迫力をタイヤ・ホイールでも表現するため、タイヤ外径を拡大。インプレッサが205/55R16、205/50R17、225/40R18タイヤを設定するのに対し、XVは225/60R17と225/55R18の2種類を用意。幅が同じ18インチ同士で比較すると、偏平率が3ランク高いものになっている。

 さらにアルミホイールには、2015年10月のマイナーチェンジで先代に採用し好評だった、中央をブラック塗装、スポーク外周を切削光輝仕上げとした17インチアルミホイールのデザインテイストを17、18インチともに踏襲した。

画像はこちら

 なお、欧州仕様は悪路走破性を重視して220mmの最低地上高を確保し、ルーフレールも標準装備しているが、日本仕様は立体駐車場への入庫を可能にするため、最低地上高を200mmに変更。ルーフレールをメーカーオプション設定にすることで、全高を1550mmに抑えている(ルーフレール装着車の全高は1595mm)。

画像ギャラリー


新着情報