「もっともカムリらしくないデザイン」を採用! 新型トヨタ・カムリが誕生 (1/3ページ)

「もっともカムリらしくないデザイン」を採用! 新型トヨタ・カムリが誕生

居住性や積載性は確保しつつロー&ワイドなスタイリングに

 アメリカでは2002〜16年の15年連続で乗用車販売台数No.1を獲得するなど、100ヵ国以上の国と地域で累計1800万台を販売しているトヨタのFFミドルクラスセダン「カムリ」がフルモデルチェンジ。7月10日より、従来からのトヨタカローラ店に加え、トヨペット店とネッツ店でも販売が開始された。トヨタ・カムリ

 新型カムリの開発コンセプトは、「走りや乗り心地などクルマとしての基本性能を鍛えこむ(Performance: 性能)」、「先進技術・機能を通じ環境性能や安全性を更に高めていく(Intelligence: 智能)」という2つの要素を徹底的に追求することで、両者が相まって数値では表せない価値を生み、「カムリをお客様の五感に訴えるクルマに昇華させる(Experience: 官能)」というもの。トヨタ・カムリ

TNGA(トヨタ・ニューグローバルアーキテクチャー)に基づき、プラットフォームのみならずパワートレイン、電装系まで一新することで、ゆとりのある居住性と荷室容量を確保しながら、全高を25mm、フード高を40mm下げて低重心化。全長を35mm、ホイールベースを50mm、全幅を15mm拡大しながらフロントオーバーハングを15mm短縮し、ワイド&ローかつシャープな「理屈抜きでカッコいいと思わせるスタイル(勝又正人チーフエンジニア)」へと進化させた。トヨタ・カムリ

 なお、エクステリアデザインの開発にあたっては、豊田章男社長の意向もあり「もっともカムリらしくないデザイン」が選ばれ、しかもごく初期のラフスケッチで描かれたイメージがほぼそのまま生産車に投影されている。トヨタ・カムリ

 室内もTNGAに基づき部品の小型化やレイアウトの見直しが行われたことで、インパネの高さが抑えられ視界が拡大。ナビと空調パネルが一体化しフラッシュサーフェス化されたセンターパネルに、継ぎ目のない金属調加飾や宝石のタイガーアイをモチーフにしたパネルなどが組み合わせられ、上質かつ近未来的なインテリアに進化している。トヨタ・カムリ

  

画像ギャラリー