もうここで暮らしたい……と降りたくなくなるほど超快適シートを持つクルマ5選 (1/2ページ)

もうここで暮らしたい……と降りたくなくなるほど超快適シートを持つクルマ5選

ずっと座っていたくなるような高性能マッサージ機能搭載車も

 長距離、長時間の運転で疲れないクルマ……それは第一に基本性能、そして快適装備の充実度にある。とくに運転席(&助手席)マッサージ機能は、経験上、むしろ、ずーっと走り続けていたくなるほどの良さがある。ここではシートマッサージ機能搭載車を中心に、基本性能の良さから、ロングドライブを快適に過ごせる国内外のおすすめモデルを紹介したい。

1)ボルボXC60(XC90、V60含む)

 最新のボルボは基本的な走行性能が素晴らしく、長距離、長時間の運転でも疲れを感じにくい。それもそのはず、世界トップレベルの先進安全支援機能が備わり、安心感はひとしお。

運転席

 またXC60、V60以上の車種には運転席、助手席マッサージ機能やシートベンチレーションなども備わる。マッサージしながらの運転は、このままずーっと座っていたいと思わせるほど、リラックスできると同時にからだの疲れをほぐしてくれるのだ。

運転席

 暑い日、シートが熱くなっていても、シートベンチレーションによって背中や太股部分も爽やか。極上の居心地が提供されるのである。

 XC60、90は運転視界が高く、爽快に長距離、長時間のドライブを楽しめること必至である。

2)レクサスLS

 これまで日本の高級車は後席のVIP向けのマッサージ機能はあったが、イチバン疲れるはずの運転手用のマッサージ機能はほぼなかった。しかし、ドライバーズカーとして生まれ変わった最新のレクサスLSには、ついに前席シートマッサージ機能が追加されている。

運転席

 エクスクルーシブグレード限定だが、レクサス初装備となるフロントリフレッシュシート(つまりマッサージ機能)は、眠気を誘わないように後席用よりマッサージ機能に配慮しているというが、指圧師がマッサージしてくれるような、親指サイズの2×3cmの空気袋を座面に10か所、背もたれに10か所備え、運転中でもリフレッシュが可能。

運転席

 ただ、走りがスポーティーすぎて、かつてのLSのように静かにリラックスして運転できるかどうかは、好みが別れるかも。

3)マツダ・アテンザ

 マツダのクルマは以前から、シートの欧州車並みのかけ心地の良さが自慢だった。

運転席

 最新のアテンザのシートもそうだが、Lパッケージに装備されるシートベンチレーションとシートヒーターの組み合わせで、とくに暑いときは乗員とシートの間の熱のこもりを吸い出すベンチレーション機能が大活躍。クルマに乗った瞬間からシートとの接触面の暑さとは無縁。

運転席

 トルキーで想像以上に静かに走るクリーンディーゼルを選べば、低速域から高速域までストレスフリー、いや、いつまでもステアリングを握り続けていたくなるほどの走りの気持ち良さ、操縦性に満足できること必至。ペダルの最適配置などもあって、運転のしやすさは抜群だ。これはもちろん、セダン、ワゴンの両方に共通する。

画像ギャラリー