大メーカーじゃないのに大健闘! 石を投げれば当たるほど街に溢れたスバル車5選 (1/2ページ)

noteで書く
大メーカーじゃないのに大健闘! 石を投げれば当たるほど街に溢れたスバル車5選

モデル数を考えればこれだけのヒットはスゴイ

 スバル車の場合、モデル数が絶対的に少ないだけにヒット車多数とはならないが、水平対向や4WDなど、特異性を武器にして、売れたモデルはいくつかある。今回はそれらを紹介しよう。

1)レガシィツーリングワゴン

これぞ、スバル車のなかのキング。倒産の危機にあった当時の富士重工を救った救世主である。ヒットの理由は日本車初といっていい、ワゴン専用設計。それまではバンを乗用登録したものをワゴンとしていたが、欧米流に専用設計とすることで、レベルの高い走りを実現した。また、ワゴンブームの火付け役にもなったし、アウトドアブームも追い風となって大ヒットした。

【関連記事】右も左も同じクルマ! 石を投げれば当たるほど売れまくったホンダ車7選

スバル車画像はこちら

まさに石を投げればレガシィに当たる状態で、SOHCの実用グレードから走りに振ったGTまで幅広く取り揃えられていたのも人気に拍車をかけた。当時、広報部に顔を出すと、雑誌で紹介されたページに付せんを付けるのが楽しくてしょうがないと言っていたのを思い出す。

スバル車画像はこちら

2)インプレッサWRX

 レガシィでWRCを戦うものの、ボディが大きく、苦戦を強いられることもあったため、弟分的存在として登場したのがインプレッサであり、そのなかでの最高峰グレードであるWRXの登場は強烈だった。セダンなのにスポーツカーということで、箱好きからも高い支持を受けたし、5ドアハッチをスポーツワゴンとして売り出したのも新鮮だった。もちろんこちらもWRXはあった。

スバル車画像はこちら

当時はまだ排気が不等長だったこともあり、ドロドロという排気音をさせてカッ飛ぶWRXをよく見かけたものだ。たたベースとしてのインプレッサ自体は正直、GT-Rとセダングレードの関係に似て、ヒットしたとはいえなかった。

スバル車画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報