600馬力のGT-Rでも5穴! 一般的な乗用車に6穴以上のホイールが少ないワケ (1/2ページ)

600馬力のGT-Rでも5穴! 一般的な乗用車に6穴以上のホイールが少ないワケ

大型トラックやバスはISOで基準が決まっている

 乗用車用のホイールは、軽自動車など車重が軽いクルマで、15インチ以下のホイールは4穴が多く、車重が重いクルマで16インチ以上のホイールを履くクルマは、5穴が主流になっている。ハブボルト

 このホイールの穴の数はハブボルトの数に合わせたもので、ハブボルトの数はタイヤが支える荷重の大きさで決まってくる。車重が重く、エンジンが高出力のクルマはより多くのハブボルトが必要で、大型トラック・バスのハブボルトは、22.5インチホイールで10本、19.5インチホイールは8本と国際基準(ISO方式)で定められている。ハブボルト

 一方、身近で6穴ホイールのクルマ(新旧問わず)というと、ハイエース/グランビア/レジアス/グランドハイエース/キャラバン/エルグランド/ランクル/サーフ/サファリなどがある。

 これらのなかで、たとえば10人乗りのハイエースだと、車両重量が2トン、車両総重量が2.5トンぐらいと乗用車よりもかなり重い。それに対し、570馬力のハイパワーを誇る日産GT-R(R35)でも、車両重量は1760kg、車両総重量は1980kgと、2トン未満に収まっているので、結果としてGT-Rは20インチの5穴のホイールで、そのパワーと車体を支えていることになる。ハブボルト

画像ギャラリー