N-BOXだけしか売れず苦戦するホンダ! 復活の鍵を握るこの先登場する4車種とその中身とは (1/2ページ)

N-BOXだけしか売れず苦戦するホンダ! 復活の鍵を握るこの先登場する4車種とその中身とは

かつて大ヒットしたモデルも今では苦戦気味……

 今、ホンダ車の販売が苦戦しているように見える。なにしろ、2018年上半期の乗用車販売台数ランキングでTOP10に入っているのは8位のフリードのみ。売れ線のはずの、かつてコンパクトカーの王者だったフィットはモデル末期ということもあってか11位。もっとも売れ筋のMクラスボックス型ミニバンのステップワゴンも16位に沈んでいる。

 2019年8月の乗用車販売台数ランキングを見ても、フリードは7位にランクアップしているものの、フィットは13位、ステップワゴンは18位に後退。ホンダ

 もちろん、N-BOXは軽自動車を含む全乗用車の1位を独占状態だが、言ってみればN-BOXしか売れていない……というのが現実なのである。今後はN-WGNも加わり、軽自動車の土俵では勢いを増していくのは間違いないところなのだが、フィット、ステップワゴン、オデッセイなどの登録車は、やはり厳しい状況が続いている。ホンダ

 そんなホンダに復活の兆しはあるのか? あります。

 この秋、ホンダ復活の狼煙(のろし)をまず上げるのが、2019年8月に、意外にも乗用車販売台数ランキング1位につけたシエンタと同カテゴリーのフリード、フリード+のマイナーチェンジと、SUVテイストをまとったクロススターグレードの追加である。ライバルのシエンタが、2018年夏のマイナーチェンジでシエンタ FUNBASEを加えたのをきっかけに販売台数を伸ばした経緯からすれば、新鮮なニュースとともにフリード軍団がさらに注目されることは必至。シエンタとの比較試乗では、こと走行性能ではフリードが優位であり、なおかつホンダセンシングもグレードアップされているから、商品力が高まることは間違いなしだ。ホンダ

画像ギャラリー