乗車人数が選べるクルマはどちらを選ぶのが正解? 6モデルの販売状況とオススメのシートとは (1/2ページ)

乗車人数が選べるクルマはどちらを選ぶのが正解? 6モデルの販売状況とオススメのシートとは

シエンタで6人乗りを選ぶ人はたった6パーセント

 ミニバンの多くは、2列目席が3人掛けのベンチシートと、より贅沢な雰囲気とかけ心地が得られる2人掛けのセパレートシート=キャプテンシートが選べるようになっている。ボクが2000年代に2代目オデッセイを買った頃は、8人乗りの2列目キャプテンシートが圧倒人気だったことを覚えているが、それは、価格がほぼ同じなら、1人でも多く乗れるほうがミニバンとして便利そう……という欲張り感、期待感もあったからだったように思う。

 一方、2列目キャプテンシートは、3列目席に乗り込む際、2列目席ウォークインだけでなく、2-3列目席スルーによる乗車も可能で、3列目席を頻繁に使う用途に向いている。が、3列目席をすべて格納してしまうと4人乗りになってしまうという、ちょっとした問題点もある。

乗車人数が選べるクルマはどの仕様を選ぶのが正解かその事実が色濃く反映されているのが、2019年8~9月期の乗用車販売台数No.1に輝いたトヨタ・シエンタ。6/7人乗りが選べるコンパクトミニバンだが、6人乗りが11%、7人乗りが89%と、より多くの乗車が可能な仕様が圧倒的に売れているのである。

乗車人数が選べるクルマはどの仕様を選ぶのが正解か

 もっとも、シエンタの場合、6人乗りといっても、2列目席はフリードのようなキャプテンシートではなく、5:5分割のベンチタイプのシート中央に物入れを設け、2人掛けとしているだけの微妙な仕様なので、6人乗りを積極的に選ぶ大きな理由がないのも、7人乗りが売れている原因のはずだ。5人乗りの大容量ワゴンと言えるシエンタ FUNBASEを加えた5/6/7人乗りの販売比率でも35%/7%/58%となる。

乗車人数が選べるクルマはどの仕様を選ぶのが正解か

 乗車定員が1人多くなる2列目席ベンチシートのメリットとしては、3人掛けが可能になるだけでなく、子育て世代にとってはおむつ替えがしやすい、愛犬家には大型犬もゆったり(横に)乗せられるなどの使い勝手の良さがポイントとなる(大型犬と暮らしているわが家では、オデッセイも8人乗り、2列目ベンチシート仕様だった)。もっとも、2列目席ベンチシートにゆったり快適に乗れるのは2人までなのだが……。

画像ギャラリー