レーシングドライバーが語るこの先の市販EVの開発にはレースが不可欠な理由とは (1/2ページ)

レーシングドライバーが語るこの先の市販EVの開発にはレースが不可欠な理由とは

騒音が出ず排気ガスも発生しないため開催しやすい

 今年、まだ令和を迎える前だったが香港で開催された電動フォーミュラレーシングカー「フォーミュラe」によって競われる「FIA フォーミュラe選手権香港戦」を観戦してきた。電動レーシングカーのレースとしては現在世界最高ランクに位置する選手権で、日産自動車やジャガー、アウディ、BMWなど多くの日欧自動車メーカーが参戦しているほか中国のNIO、インドのマヒンドラなど新興勢力も加わり激戦を展開していた。

モータースポーツの電動化

 参戦しているドライバーはといえばジャン・エリック・ベルニュやブルーノ・セナ、パスカル・ウェーレインにセバスチャン・ブエミ、フェリッペ・マッサにストフェル・ヴァンドーンなどモータースポーツの最高峰であるF1で活躍した選手の多くが名を連ね、他にも実力者が覇を競っている。次シーズンからはポルシェにメルセデス・ベンツもワークス参戦を表明しており2019年11月22日からサウジアラビアで開催されるシーズン開幕戦に顔を揃えるはずだ。

モータースポーツの電動化

 フォーミュラeは100%電動でバッテリーから給電して走行する。そのため騒音が出ず、排気ガスも発生しないため市街地や屋内でも開催できてしまう。大規模なサーキット施設に頼らず、市街地の仮設コースで開催できるのでマラソン競技のような気軽さがあり、かつ、きたる自動車の電動化技術のブラッシュアップにも役立つとして多くの自動車メーカーや関連企業がバックアップしているのだ。

モータースポーツの電動化

 あまり知られていないがフォーミュラeの開催と並行してジャガーの完全EV市販車「I-PACE」によるワンメイクレースも行われていて、こちらも騒音、排気ガスフリーで毎回多くのエントラントを集め激戦を展開しているのだ。

モータースポーツの電動化

 フォーミュラeは完全EVだが、現代はF1マシンやル・マン24時間で代表される「FIA世界耐久選手権」を競うLMP-1クラスのマシンもハイブリッドシステムが採用されていて一部電動化されている。

モータースポーツの電動化

画像ギャラリー