ついに出揃った3兄弟! 新型トヨタ・カローラ&カローラツーリングの内外装をチェック (3/4ページ)

Seat & Utility:日本専用設計としながら快適な広さを確保

 ボディが大きくなった新型カローラ/カローラツーリングは、室内の居住性も高められている。TNGAプラットフォームの採用により低重心化が図られ、シート位置、着座位置ともに従来のカローラに比べて低くなった。室内高の数値自体は新型のほうがやや小さいものの、着座位置が低く、またワイド化によって肩まわり・頭上空間に余裕が生まれ快適性は向上している。トヨタカローラ

 前席の左右間距離も12mmほど広くなり、センターコンソールボックスの横幅もワイドになった。ハイブリッド車のバッテリーを後席の着座位置よりやや前側に配置することで、後席乗員の頭上空間も確保。さらに前席に薄型シートバックのスポーティシートを採用することで、後席足もとの空間も広げている。シートはインテリアのテーマカラーに合わせてブラックを基調とし、W×Bグレードではブラック&ホワイトの2トーン仕様も設定している。トヨタカローラ

 そして、車室内の収納ユーティリティも十分に備える。前席ではドアポケット、コンソールトレイ、コンソールボックス、グローブボックスを装備。後席ではドアグリップにボトルホルダー兼小物入れ、センターアームレスト(グレード別設定)には2個のボトルホルダー、リヤコンソールにも小物収納スペースを装備。USB端子は前席1/後席2の設定だ。

 W×Bグレードではホワイトまたはブラックのシートが選べる。センターアームレストにはボトルホルダーを装備。トヨタカローラ

 運転席は6ウェイ、助手席が4ウェイのマニュアル調整式となる。運転席にはシート上下アジャスターを装備する。トヨタカローラ

 コンソール前方にはトレイを設置。写真の車両ではオプションのシートヒーターおよび、おくだけ充電が備わっている。トヨタカローラ

 前席はドアポケットとコンソールにボトルホルダーを配置。サイドブレーキ仕様となるG-X系ではボトルホルダーも専用の形状となる。トヨタカローラ

 コンソールボックスはW×B系ではレザー、1.2Lターボ車を除くW×B系、S系ではスライドアームレスト付きとなる。トヨタカローラ

 コンソールボックス後部にポケットを設けている。充電中のスマートフォンを置くのに重宝するスペースだ。その下には電源を設置。トヨタカローラ

 ドア開口部の高さはセダン/ワゴンとしては標準的なものとなる。ドアはヒンジの位置を工夫することで開閉角度やノッチを最適化。また、開口部のドアトリムの形状も、乗り降りしやすいよう専用設計されている。※寸法は編集部による実測値トヨタカローラ

画像ギャラリー