ついに出揃った3兄弟! 新型トヨタ・カローラ&カローラツーリングの内外装をチェック (2/4ページ)

Interior:感性品質にこだわって上質感を表現

 日本専用にナローボディ化されたカローラ/カローラツーリングだが、インテリアのデザイン、室内の居住空間の広さは、グローバルモデルと同等となっている。トヨタカローラ

 ダッシュボードは中央に水平ラインを持ち、上下に開放感のあるデザインで視界特性を向上させた。ドアミラーをドアパネルマウントとすることで三角窓の視界も確保している。フロントピラーを細径化し、さらに前方に配置することで、実質的な視野角を広げている。また、ハンドルまわり、ディスプレイ&エアコンパネル、シフトレバーまわりに、それぞれスイッチ類を集約することで、機能ごとに的確な操作を行えるようレイアウトしている。

 インテリア全体の質感は、従来のカローラに比べて大幅に高められている。ダッシュボードやドアトリムなどのウレタンパッドの触感や色味、模様(シボ)、シートやドアアームレストに使われるクロス素材などは、Cセグメント車らしい高級感を備えていると言えるだろう。

 インテリアのデザインはカローラ/カローラツーリング共通で、おもにグレードによって仕様が分けられている。色調については、G・X系、S系はブラックを基調とし、W×B系にはブラック&ホワイトを設定。加飾パネルのカラーリングなどで差別化されている。

 ステアリングはW×B系およびS系グレードは本革巻き。右側のスイッチはクルーズコントロールなど、左側はハンズフリーやAVコントロール用が配置される。トヨタカローラ

 CVT車のシフトノブは、G-X、ハイブリッドG-Xを除き本革巻きとなる。電動パーキングブレーキは、G-X系を除くグレードに標準装備となっている。トヨタカローラ

 変速時の回転同調制御、発進時のアシスト機能を備えるiMT(インテリジェントマニュアルトランスミッション)は1.2Lターボ車にのみ設定される。トヨタカローラ

 カラーヘッドアップディスプレイ(W×B系にオプション)には、車速をはじめとした車両情報のほか、カーナビのルート案内なども表示できる。トヨタカローラ

 Qi(チー)に対応したワイヤレス充電システムを装着可能(W×B系、S系にオプション)。タテ175mm×ヨコ80mm以内のスマートフォンに対応する。トヨタカローラ

 電動パーキングレーキは、G-X系を除き標準装備。G-X系にもレーダークルーズコントロールやブレーキホールドとセットでオプション装着ができる。トヨタカローラ

 運転席の右下にS-VSCやリヤデフォッガー、ステアリングヒーターなどのスイッチを配置(写真はハイブリッドW×B)。ETCは販売店オプションとなる。トヨタカローラ

 ディスプレイオーディオは全車に標準装備。標準設定では7インチタイプが用意される。AM/FMチューナーを搭載し、カーナビやスマートフォン、T-Connectとも連携可能だ。トヨタカローラ

 ディスプレイオーディオはSDL(SmartDeviceLink)に対応し、スマートフォンにインストールした専用アプリを作動できる。9インチのディスプレイオーディオはW×B系、S系にオプションだ。トヨタカローラ

 3眼式となる7インチTFT画面のオプティトロンメーターは、W×B系に標準装備(S系にオプション)。中央に速度計や各種車両情報を切り替えて表示できる。G-X系、S系ではアナログメーターを装備。トヨタカローラ

 車内の空気の汚れ具合をモニターで表示するエアクリーンモニターを装備。光センサーで汚れを検知すると6段階のバーグラフで表示し、状況に応じて自動的にファンの風量をアップさせる機能付きだ。トヨタカローラ

 ドライブモードセレクターでは、3つの走行モード(ECO/NORMAL/SPORT)から選択できる。「SPORT」を選択したときはメーターがレッド表示となる。トヨタカローラ

 USB端子は前席に1個、後席に2個を装備(一部グレードは前席1個のみ)。ツーリングのハイブリッド車では、合計1500Wに対応する100Vコンセントをオプションで用意する。

画像ギャラリー