オシャレ女子は要注意! 運転女子が避けるべきファッションスタイル7選 (1/2ページ)

オシャレ女子は要注意! 運転女子が避けるべきファッションスタイル7選

適正なドライビングポジションが取れないオシャレはNG!

 イルミネーションが街中に増えてきて、女子が1年でもっともドレスアップしたくなる季節がやってきましたね。1年の労をねぎらう忘年会や表彰式、クリスマスパーティなどイベントが多く、デートだって普段よりちょっとメイクやコーディネートを頑張りたくなるのがこの時期なんですよね。

 もちろん、女子はどんどんオシャレをして輝くべきだと思います。人生は一度きりですからね。今年のクリスマス、年末年始は、もう戻ってこないのです。好きな服を着て、大好きな人たちとめいっぱい素敵な時間を過ごしましょう。

 ただ、出かける時にクルマを運転するという女子には、いくつか注意してもらいたいポイントがあるのです。オシャレな洋服や靴、ヘアスタイルやアクセサリーが、必ずしも運転に適しているかというと、そうでないものもあります。安全運転に支障をきたすものもあるので、今回はそんな運転女子に気をつけてほしいオシャレのポイントをご紹介したいと思います。

1)マフラー

 まずは、寒くなってくると外出時に手放せなくなるマフラー。いろんな色や素材があるので、コーディネートのアクセントとして活用しているオシャレさんも多いですよね。そして車内も暖房をつけているとはいえ、首もとって意外になかなか暖まらないものなので、マフラーを巻きつけたまま運転しちゃう人もいると思います。でもそれ、要注意なのです。運転していると上半身がよく動くので、知らず知らずのうちにマフラーがほどけて、フロアにダラリと垂れ下がってしまっていることがあり、もしそれが間違ってペダルに絡まったりしたら……。

女子の運転スタイル

 いざという時にブレーキペダルが奥まで踏めない! アクセルペダルが戻ってこない! ペダルを踏んだら首がしまって苦しい! なんてことになって危険です。乗り降りの際にドアに挟んでしまう可能性もあるので、運転中はマフラーは外しておくか、スッポリとかぶるタイプのスヌードや、ボタンなどでしっかり留めることができるタイプがオススメです。

女子の運転スタイル

2)背中や腰にリボンのある服

 次に、少し前から人気が続いている、背中にリボン飾りがついた服や、腰でリボンを結ぶデザインの洋服。ブラウスやニット、カーディガンなどいろんなタイプが出ていて、とても素敵ですよね。でもこれも、運転をする上ではあまりよろしくありません。というのは、安全運転の基本である適正なドライビングポジションをとるときの条件として、「シートに背中をピタリとくっつけて座る」というのが欠かせません。

女子の運転スタイル

 なぜなら、シートと背中の間に隙間が空いたまま運転していると、万が一急ブレーキを踏もうとした際に、隙間の分だけ自分の身体が後ろに下がってしまい、しっかりとブレーキペダルを踏むことができないからなのです。背中や腰にリボンがあると、どうしてもピタリとシートに身体をくっつけることができません。できれば、運転をする時には別のデザインを選ぶようにしてくださいね。

3)ヘアアレンジ

 続いて、同様の理由でヘアアレンジにも注意が必要です。パーティーのときのアップスタイルや、オシャレ上級者さんが得意なハーフアップスタイルなど、高い位置に結び目やまとめ髪をもってくるヘアアレンジや、高い位置に大きなバレッタなどを飾るスタイルは、頭をヘッドレストにピタリとくっつけることができません。

女子の運転スタイル

 常に頭が前傾姿勢になって首が疲れるばかりでなく、もし衝突事故などにあった際には、ヘッドレストが頭を守るための性能をしっかりと発揮できない可能性もありますので、できればヘアアレンジはクルマを降りたあとにしたほうがいいですね。または、耳よりやや下のほうで髪を結んだりまとめたりするヘアアレンジなら、運転への支障もあまりないはずです。

画像ギャラリー