往年の名車を現代風にアレンジ! ホンダアクセスが東京オートサロン2020の出展概要を発表

往年の名車を現代風にアレンジ! ホンダアクセスが東京オートサロン2020の出展概要を発表

S2000の20周年を記念した特別な1台も提案

 ホンダアクセスは、2020年1月10日(金)〜12日(日)まで開催される東京オートサロン2020に出展することを発表した。ブーステーマは「乗り物で人と人とがつながる」とし、“世代をつなぐ”“生活をつなぐ”“こころをつなぐ”乗り物をコンセプトモデルとして形にするという。

 ブースはメリーゴーラウンドをイメージし、カーライフの楽しさとワクワク感を表現したデザインになるという。展示車はどれも個性的なものばかり。まず注目なのが、オープンエアを楽しめるスポーツモデル「S2000」をベースにした「S2000 20th Anniversary Prototype」だ。2019年に20周年を迎えた名車S2000を、今後も多くのファンに乗り続けてもらうため、ユーザーの声を反映した20周年記念アイテム(エアロバンパー/サスペンション/オーディオリッドなど)を装着したモデルだ。

 もう1台は「CIVIC CYBER NIGHT JAPAN CRUISER 2020」。初代EK9型シビックタイプRをベースに、“世代をつなぐ”をテーマにカスタマイズしたクルマ。ターゲットは現代の若者で、近未来とアンダーグラウンドが入り乱れた、ネオジャパンに映えるモダナイズを施している。夜の街をクールに駆け抜けるイメージだ。

【関連記事】【ニッポンの名車】あり得ないほど贅沢な専用設計! FRオープンスポーツ・ホンダS2000

ホンダアクセスの東京オートサロン2020画像はこちら

 そのほかにも、乗り物好きの親子三世代をつなぐことをイメージし、ステップワゴンをベースに超フラットフロアと自在な車内レイアウトが可能になるよう仕立てた多目的スロープ車「KACHATTO-WAGON」、未来の子どもたちへ向けた“こころをつなぐ”クルマとして提案する「AIBOU」などを展示する。ホンダアクセスの東京オートサロン2020画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報