回転方向指示のあるタイヤとないタイヤの違いとは! 間違えて逆に装着するとどうなる? (1/2ページ)

回転方向指示のあるタイヤとないタイヤの違いとは! 間違えて逆に装着するとどうなる?

回転方向以外に外側内側の指示があるタイヤも

 タイヤとホイールというのはただ組み合わせて、装着されているわけではない。回転の向きや内側・外側が決まっているタイヤがあるのは、クルマ好きなら知っているだろうか。もちろん理由があって回転方向の指示がされているのだが、逆に付けてしまうとどうなるのだろうか。

1)アウトサイド・インサイド表示のあるタイヤ

 その名のとおり、アウトサイド(外側)の表示あるのを外に組む。ミニバン専用タイヤに多くて、スポーツタイヤでも見かける。外側と内側が決まっているので回転方向でいうと、左右で逆になってしまうが内外の指示さえ守っていれば問題なし。

【関連記事】【今さら聞けない】タイヤの横に書かれている文字や記号の意味とは?

回転方向指示のあるタイヤの意味画像はこちら

 そもそも外側と内側の違いはなにかというと、硬さやしっかり感など。高速道路での安定性や重心が高いゆえのコーナーでの踏ん張りを確保するために、トレッドの内側と外側では作りが違っているのだ。とくにミニバンは重心が高いので、しっかりと支える必要がある。だから、守らないとせっかくの専用タイヤのメリットを引き出せなくなってしまうので注意が必要だ。

回転方向指示のあるタイヤの意味画像はこちら

画像ギャラリー