回転方向指示のあるタイヤとないタイヤの違いとは! 間違えて逆に装着するとどうなる? (2/2ページ)

ウエット路面での排水性に大きく影響

2)ローテーション方向のあるタイヤ

 スポーツ系やコンフォート系に多いが、サイドの部分に矢印とROTATIONの文字があって、その向きで組むタイヤ。ユニディレクションタイヤとも呼ばれる。これは溝やサイプと呼ばれる切れ込みの向きにポイントがあって、まず大きく関係してくるのが排水性。パータンをよく見ると横方向に直線で入っているのではなく、斜めになっていて、回転に合わせて水が出ていくようにできている。

【関連記事】【今さら聞けない】タイヤの横に書かれている文字や記号の意味とは?

回転方向指示のあるタイヤの意味画像はこちら

 さらに水だけでなく、トレッドノイズを外に出すために、コンフォートタイヤでも回転方向が決められるものがあるし、スポーツタイヤではブロックの倒れ込みと排水性の両立のために採用されている。

回転方向指示のあるタイヤの意味画像はこちら

 うまく使えばタイヤの持ち味を最大限に引き出せるのだが、間違えると即危険ということはないが、せっかくの性能が引き出せないことになってしまう。ローテーションするときも制限があったりするので注意が必要だし、購入時のチェックポイントに指示のありなしというのも加えておくといいだろう。

名前:
近藤暁史
肩書き:
-
現在の愛車:
フィアット500(ヌウォーバ)/フィアット・プント/その他、バイク6台
趣味:
レストア、鉄道模型(9mmナロー)、パンクロック観賞
好きな有名人:
遠藤ミチロウ、岡江久美子

画像ギャラリー


新着情報