王者スズキ・ハスラーに挑む後出しのダイハツ・タフトに勝ち目はあるか? いまある情報で先行比較! (1/2ページ)

王者スズキ・ハスラーに挑む後出しのダイハツ・タフトに勝ち目はあるか? いまある情報で先行比較!

ハスラーは女性寄り、タフトは男性寄りのキャラクターと言える

 ”遊べる軽!”という、軽クロスオーバーSUVの先駆けとなったスズキ・ハスラーの新型の売れ行きが絶好調だ。2020年3月の軽自動車販売ランキングでは、スーパーハイト系全盛の時代に、ホンダN-BOX、ダイハツ・タント、スズキ・スペーシア、ダイハツ・ムーブ、日産デイズに続く6位にランクイン。しかも、前年同月比178.6%の1万372台を登録しているのだ。

 そんなハスラーのよきライバルとなるのが、2020年6月に発売が予定され、先行予約が開始されたダイハツ・タフトである。2020年の東京オートサロンでは、ダイハツとスズキは隣同士のブースで火花を散らしていたが!? タフトはまさにハスラーと同じクロスオーバーSUVというジャンルに位置づけられる新型車である。じつは、これまでにもダイハツにはハスラーを意識したモデルがあった。

【関連記事】「軽は安い」は本当? 同じ車両価格の軽自動車とコンパクトカーの維持費の差とは

タフトとハスラーライバル対決画像はこちら

 それはダイハツ・キャスト・アクティバだ。基準グレードのスタイルに対して最低地上高を高めたクロスオーバーモデルだったのだが、複数のモデルレンジをそろえたため、全体の印象がぼやけ、アクティバはハスラーのライバルにはなりえず、今ではアクティバは消滅。キャストはスタイルのみのラインアップになってしまった経緯がある。つまり、キャストのハスラーに対するリベンジモデルが、タフトというわけだ。

タフトとハスラーライバル対決画像はこちら

 もちろん基本骨格は新型タントで初採用され、その後、超人気のコンパクトSUV、ダイハツ・ロッキー&トヨタ・ライズにも使われているDNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)。ボディサイズはハスラーの全長3395mm×全幅1475mm×全高1680mmに対して、タフトは全長3395mm×全幅1475mmこそ軽自動車の規格で同一ながら、ショルダーラインを高め、ルーフを低めたチョップドルーフスタイルによって全高は1630mmと、ハスラーより50mm低いのが面白い。

タフトとハスラーライバル対決画像はこちら

 ハスラーはポップな内外装デザインや、ピンクさえあるカラフルな2トーンを含むボディカラーが象徴するように、どちらかと言えば女性寄りに近いキャラクター。

 一方、タフトはシャープでワイルドな、あえてワイパーアーム全体が見えるようにし、メッキ類(ディーラーオプションのメッキパック)も多用した武骨なデザインが特徴的。つまり、ハスラーと比較すれば、より男性寄りのキャラクターと言えるかもしれない(ハスラーもリヤセクションがジムニー風に角ばり、カーキやブラックのボディカラーだとけっこうワイルドだが)。

タフトとハスラーライバル対決画像はこちら

 インテリアに関しては、オーバルでポップなデザインモチーフのハスラーに対して、タフトはスクエアなデザインで勝負。ブラック×オレンジのカラーリングは流行りなのだろうか、どちらにもある。シートアレンジ性は両車ともに後席を倒すことでフラットになり、当然、ハスラーがそうであるように、車中泊対応にもぬかりはないはずだ。ラゲッジルームまわりがワイパブルフロアなのも共通点だ。

タフトとハスラーライバル対決画像はこちら

画像ギャラリー