「交差点」や「信号停車」でも走りが楽しい! クルマ好き「感涙」の性能をもつ実用国産車5選 (2/2ページ)

後席が使いやすいファミリー向けのモデルも存在!

3)マツダMAZDA3セダン

 続いてセダンクラスからは、マツダMAZDA3セダン。近ごろのセダンはスポーティな乗り味を突き詰めているモデルが多いのですが、低い速度域から「おお!」と手応えが感じられて、しっとりとしたハンドルの操作感だったり、自分の足がそのままタイヤと繋がっているような感覚が味わえるのが、MAZDA3セダンです。1.5リッターと2リッターのガソリン、1.8リッターのディーゼル、2リッター+モーターのハイブリッドと、豊富なパワートレインが設定されています。

【関連記事】燃料計が動いて見えるほど大ガス喰い……でも楽しすぎる走り屋泣かせの国産スポーツ車5選

MAZDA3セダンの走り画像はこちら

 発進直後から余裕の加速フィールが気持ちいいのは、2リッターのガソリンと1.8リッターのディーゼル。鼻先が軽く、カーブや交差点でも軽快感が楽しいのは、1.5リッターガソリン。そして高速道路などで少し遠出をする時には、「スカイアクティブX」といって世界初の技術が採用され、どこまでも伸びやかに吹き上がる加速フィールが楽しめる、2リッターハイブリッドがオススメです。どれも、シートに座るとスッと自然に背筋が伸びてクルマにフィットするような感覚も楽しんでくださいね。

スカイアクティブX画像はこちら

4)日産キックス

 次にコンパクトSUVクラスからは、登場したばかりの日産キックス。これまでノートe-Powerで大人気となっていた、1.2リッターエンジンを発電専用に搭載し、モーターだけで走るという電動パワートレインが搭載されていて、これが未来を感じられる楽しさなのです。とくに、信号待ちなどのストップ&ゴーが待ち遠しくなるくらい、バビュンと瞬発力の高いモーターならではの発進加速。

キックスの走り画像はこちら

 そして、アクセルペダルの力加減のみで、加速・減速・完全停止まで操作できるワンペダル操作の「eペダル」は、最初は違和感があるかもしれませんが、慣れてくるとメリハリのある走りが低速から楽しめます。通常の2ペダルモードも残してあるので、好きなときに切り替えられるのも嬉しいところですね。

キックスのリヤ画像はこちら

5)スズキ・ワゴンR

 最後に軽自動車のハイトワゴンからは、このジャンルのパイオニア的存在のスズキ・ワゴンR。ノンターボとターボにISG(モーター機能付発電機)とリチウムイオンバッテリーを組み合わせた、マイルドハイブリッドモデルが用意されていて、とくにターボのマイルドハイブリッドモデルは驚くほどパワフル。

ワゴンRのフロント画像はこちら

 発進から余裕たっぷりで、エンジンの気持ちよさが際立ちます。剛性感も軽自動車とは思えないほどで、車重が軽いのでキビキビとした俊敏な動きもしっかり手に入って、街なかのカーブでさえ十分に楽しめると思います。

 というわけで、いかがでしたでしょうか。ヤリスはちょっと後席がタイトですが、そのほかのモデルは後席もラゲッジも十分に広く、ファミリーでも使い勝手のいいモデルばかり。普段の買い物や送り迎えなどチョイ乗りが多くても、しっかり走りの楽しさが感じられると、高いお金を出してクルマを買った甲斐がありますよね。実用性を備えながら、街中でも満足できる走りの実力を持つクルマたちに、ぜひ注目してみてくださいね。

名前:
まるも亜希子
肩書き:
カーライフ・ジャーナリスト/2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員
現在の愛車:
スバル・レヴォーグ
趣味:
サプライズ、読書、ホームパーティ、神社仏閣めぐり
好きな有名人:
松田聖子、原田マハ、チョコレートプラネット

画像ギャラリー


新着情報