「流行感度」ビンビンの女子ウケ確実! 「超未来感」を感じさせる装備をもつクルマ5選 (1/2ページ)

noteで書く
「流行感度」ビンビンの女子ウケ確実! 「超未来感」を感じさせる装備をもつクルマ5選

「プロパイロット・パーキング」があれば駐車もラクラク

 いつの時代も、女子は新しいものが大好き。アイシャドウや口紅だって、毎シーズンのように新色が登場するし、バッグやシューズも流行がどんどん変わります。お掃除ロボットなどの未来家電に飛びつき、食べ物やドリンクのトレンドにも、女子はいつもアンテナを張っているんですよね。

 クルマに関しても同じ。先日、友人から「日産がペダルが1つしかないクルマを出したんだって?」といわれたので「えっ? そんなのないよ」と驚いたら、ノートe-Powerのワンペダル走行のテレビCMをみて、「すごい!」と勘違いしたようでした。あまり情報を知らないだけで、やっぱり新しい技術には素直に興味を持つ女子たち。今回は、そんな女子たちが驚嘆した、未来を感じさせるクルマをご紹介したいと思います。

1)日産リーフ

 まずは、登場から10年が経った日産リーフで、現在の2代目に搭載された夢のような新技術「プロパイロット・パーキング」です。電気自動車というだけで女子には未来のノリモノ感がすごいのですが、リーフは駐車枠の白線を検知して、あとはボタンを押しているだけで、手も足も使わずに全て自動でクルマが動いて、きれいに車庫入れをしてくれるというのがビックリ。最後にパーキングブレーキまでかけてくれるのです。操作も従来のモタモタしがちな駐車アシストシステムと違って、パッパと素早くやってくれるので、これなら実用的! と感動したのでした。「クルマに乗らないのは車庫入れが苦手だから」と言っていた女子も、リーフが欲しいと惚れ込んでいました。

【関連記事】一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

日産リーフのプロパイロットパーキング画像はこちら

2)トヨタ・ハリアー

 次に、ガラスの濃度がスイッチや声で変えられる、新型トヨタ・ハリアーに搭載された「調光パノラマルーフ」。ガラスルーフは好きなんだけど、眩しいときや猛暑の時にはちょっと困るな、という女子が多い中、遮光と透過の状態が切り替えられるのが新しいですよね。従来は、眩しい時には真っ黒なシェードを閉じるしかなかったのですが、これなら遮光状態でもほのかに明るいので、室内がいつも開放感があって嬉しい限り。もちろん、しっかり遮りたい時のために、電動シェードもついています。ハリアーはSUVとしてはエクステリアデザインにも未来感があるので、女子ウケはかなり良さそうですね。

トヨタ・ハリアーの調光パノラマルーフ画像はこちら

  

画像ギャラリー


新着情報