サーキットでの速さをさらに追求! ホンダ・シビックタイプRがマイナーチェンジ

サーキットでの速さをさらに追求! ホンダ・シビックタイプRがマイナーチェンジ

リミテッドエディションは抽選分の10台を除き完売!

 ホンダは、走りを極めた本格派「シビック・タイプR」をマイナーチェンジ。10月9日より発売した。メーカー希望小売価格(税込み)は、475万2000円。同時に国内200台限定となる「リミテッド・エディション」も設定(550万円・税込み)。こちらは11月30日(月)に発売する。

 今回の改良点は、サーキットでの走行性能を高めるべく各所に手が入れられている。フロントグリル開口部を拡大することで冷却性能を向上。また、フロントバンパーエアスポイラーは形状を変更したことで、ダウンフォースを高めた。

 加えて2ピースフローティングディスクブレーキの採用により、サーキット走行時のフィーリングを向上させたことで、安定したブレーキフィールの実現とバネ下重量の低減に貢献する。

【関連記事】ホンダ・シビックタイプRのマイチェンモデル公開! ハンパない進化っぷりと速さと軽さを極めた限定モデルに注目

新しくなったブレーキ画像はこちら

 走行時のダイレクト感も進化させている。アダプティブダンパーシステムの制御やサスペンションブッシュ・ボールジョイントなどのアップデートも実施。これにより、コーナリング時の進入から脱出までの一連のハンドリング性能や路面の接地性や制振性が進化した。これにより、高速の巡航時やワインディング、サーキットなどあらゆるシーンでドライバーとの一体感やダイレクト感を高めている。

進化したサスペンション画像はこちら

 また、インテリアはステアリング表皮にアルカンターラを採用。握り心地の質感やフィット感を向上させ、クルマの動きがダイレクトに感じられるようになっている。シフトノブはティアドロップ形状としたことで、操作精度などを向上させた。

新形状のシフトノブ画像はこちら

 ボディカラーは5色展開。そのうち、ポリッシュドメタル・メタリックとレーシングブルー・パールは新色となる。

 200台限定で発売されるリミテッド・エディションは、さらなる軽量化と専用装備を採用して運動性能をさらに高めている。専用のBBS製20インチ鍛造アルミホイールの採用でバネ下重量をさらに軽量化。サーキット性能に特化したハイグリップ20インチ専用タイヤ(ミシュラン・パイロットスポーツ・カップ2)を装着している。

リミテッドエディションの専用ボディ画像はこちら

 さらに、アダプティブダンパーシステムとESPは専用セッティングとなり、より走りを楽しめる仕様に仕立てられている。ボディカラーは、初代シビックタイプRを彷彿とさせるサンライトイエローIIを専用色として設定した。

サンライトイエローIIのリミテッドエディション画像はこちら

 なお、限定販売数200台のうち、シリアルナンバー11から200番まではすでに完売となっている。1から10番まではWEBサイトで商談権が得られる抽選を、11月9日(月)23:59まで受け付けている。詳細はシビックタイプR公式ウェブサイトにて。

シフトレバー付近に設置されるシリアルナンバー画像はこちら

 公式ウェブサイト
https://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/

画像ギャラリー


新着情報