気分はモトGPマシン! 限定モデル「アバルト595モンスターエナジー・ヤマハ」が発売

気分はモトGPマシン! 限定モデル「アバルト595モンスターエナジー・ヤマハ」が発売

レーシーな雰囲気満点の稀少なコラボモデル

 FCAジャパンは、刺激的な走りを楽しめるスポーツモデル「595」シリーズに、世界的にヒットしているモンスターエナジーと、2輪モータースポーツの世界最高峰であるMoto GPに参戦するヤマハファクトリーレーシングとのコラボレーションにより実現した限定モデル「595モンスターエナジー・ヤマハ」を設定。2月2日(火)より、特設サイトにて60台限定で予約受付を開始した。メーカー希望小売価格(税込み)は、340万円(5速MT)/357万円(ATモード付き5速シーケンシャルT/M)。

 今回の限定車は、2015年より続くアバルト、モンスターエナジー、ヤマハファクトリーレーシングの関係を称えて企画されたもの。最高出力165馬力を誇る、595ピスタをベースに、世界2000台限定で生産され、Moto GPに参戦するマシン「YZF-M1」をオマージュしたボディカラーや各種限定装備が採用されている。

【関連記事】アバルト595を刷新! 車名を全車「595」に統一したほかエンジンや装備も変更

595とモトGPマシン画像はこちら

 エクステリアデザインは、ブラックとブルーを組み合わせた、特別な2トーンを採用。さらに、モンスターエナジーのアイコンであるクロー(爪痕)のボンネットステッカーや、ヤマハファクトリーレーシングのロゴをボディサイドにあしらったことで、Moto GP参戦マシンのような装いに生まれ変わった。

モンスタークロー画像はこちら

 インテリアはエクステリア同様に、モンスターエナジーのクローやヤマハファクトリーレーシングのロゴがあしらわれたブルーアクセントカラー入りの専用スポーツシートを採用。そのほか、ブラック基調にブルーラインが施された専用インパネ&フロアマットを装備する。また、センターコンソールには、限定車のために用意されたシリアルプレートが備わっている。

専用シート画像はこちら

 もちろん、パフォーマンス性能のアップにも抜かりはない。高性能エキゾーストシステム「レコードモンツァ」を特別装備するほか、ブラック塗装の専用17インチアルミホイール&ブラック仕上げのブレーキキャリパーにより、足まわりも精悍さがアップしている。

専用ホイール画像はこちら

 世界2000台限定のうち、日本市場には60台が導入される。その内訳は、右ハンドル・ATモード付き5速シーケンシャルT/Mが20台、右ハンドル・5速MTが20台、左ハンドル・5速MTが20台となっている。特設サイトから予約申し込みが可能だが、応募多数の場合は抽選となる。

アバルト 595モンスターエナジー・ヤマハ特設サイト
https://www.abarth.jp/limited/595-monster-yamaha/

画像ギャラリー