ミニバンの使わない3列目席の収納方法! 各車違うが「使える」のはどの方式? (1/2ページ)

ミニバンの使わない3列目席の収納方法! 各車違うが「使える」のはどの方式?

大きく分けて左右ハネ上げ式と床下収納タイプの2つがある

 ミニバンユーザーでも、普段は3列目席を使わず、格納してラゲッジスペースを拡大して大容量ワゴン的に使っている人もいるはずだ。ここでは、そんなミニバン、それも各自動車メーカーのフラッグシップミニバンの、3列目席の畳み方、畳まれ方、そしてそれぞれのメリット、デメリットを紹介したい。

 ボックス型ミニバン、大型ミニバンの3列目席の格納方法は、大きく分けて2タイプある。ひとつは、トヨタ・アルファード&ヴェルファイアやノア&ヴォクシーのように、背もたれを倒して左右にハネ上げるタイプ。もうひとつは、ホンダ・オデッセイや日産エルグランドで採用される、床下収納タイプである。

【関連記事】この後席は狭すぎる! 一見ファミリー向けなのに家族で使うには厳しいクルマ6選

ノアヴォク画像はこちら

 左右ハネ上げ操作は、昔のミニバンだとかなり重く、重労働で、細腕女性にはキツかった。が、今ではバネを使うなどして、ノア&ヴォクシーが採用しているような、ワンタッチでスイスイと跳ね上がる機構もあるから、格納操作の過程はかなり楽になっていると言える。この左右ハネ上げ式のメリットとしては、3列目席を格納しても、ラゲッジスペースの床下収納が使える、というかアンダーボックスが設定できる点。

左右はねあげ画像はこちら

 デメリットとしては、ハネ上げたあと、乗り込んでベルトで固定する作業に力がいる面倒があることと、リヤクォーターウインドウの視界を遮ってしまい、さらに左右に立てかけられた3列目席によって、高さのある荷物を積む場合、横方向のスペースがある程度、制限されてしまうことなどだ(日産ミニバンでは、格納位置を低めることで、リヤクォーターウインドウの視界をそれほど犠牲にしないアイデアィもある)。いずれにしても、アンダーボックスの存在は、転がりやすい荷物、普段使わない荷物の収納場所、隠し物入として便利で、あるとかなりありがたいものだ。

画像ギャラリー