人気のスーパーハイトワゴンよりスタイリッシュで走りも安定! 再注目したいハイトワゴン軽自動車4台を徹底比較 (1/2ページ)

noteで書く
人気のスーパーハイトワゴンよりスタイリッシュで走りも安定! 再注目したいハイトワゴン軽自動車4台を徹底比較

軽とは思えない機能性の高さや車格を超えた質感のモデルも!

 今、軽自動車の売れ筋はスーパーハイト系だ。事実、2021年1月の新車販売台数のトップ4に、2位ホンダN-BOX、3位スズキ・スペーシア、4位ダイハツ・タントがランクイン(1位はトヨタ・ヤリス)。つまり、売れているクルマの上位にスーパーハイト系軽自動車が食い込んでいることになる。

 が、スーパーハイト系軽自動車が脚光を浴びる前の人気軽自動車と言えば、スズキ・ワゴンRが先鞭をつけたハイトワゴン系軽自動車だった。今でこそ、スーパーハイト系軽自動車に押されてはいるものの、スーパーハイト系軽自動車に勝る魅力もあるのだ。ここでは、そんなハイト系ワゴンの注目すべきクルマたちを紹介したい。

1)日産デイズ

 まず、筆頭は日産デイズだ。現行デイズは日産が初めて軽自動車専用のプラットフォーム、エンジン、CVT、電子アーキテクチャーなどのすべてを新規開発しただけでなく、日産自慢の同一車線内半自動運転技術のプロパイロット&緊急通報オペレーターサービス=SOSコール(ドコモの通信機器から緊急通報専門会社のオペレーターに接続)などを採用した、軽自動車史に残る、2019-2020年日本カー・オブ・ザ・イヤー スモールモビリティ部門賞を、兄弟車の三菱eKクロス/eKワゴンとともに受賞した栄誉ある1台。

【関連記事】パワーだけじゃダメだった! 普通車に混じって高速を走っても「怖さ」を感じない軽自動車とは

デイズの走り画像はこちら

 実際、エクステリア、インテリアデザインの上級車に迫る上質感、使い勝手の良さ、走りの上級感、電子パーキングブレーキ&オートブレーキホールド機能などの充実した機能装備、そしてすでに説明した軽自動車初搭載のプロパイロットによる先進運転支援、SOSコールや日産コネクトナビによるオペレーターサービスなど、軽自動車の常識を超えた商品力が自慢だ(のちに発売された日産ルークスも同様)。

デイズの使い勝手画像はこちら

2)スズキ・ワゴンR

 ハイト系軽自動車のパイオニアと言えるスズキ・ワゴンRも素晴らしいハイト系軽自動車だ。電子パーキングブレーキ&オートブレーキホールド機能こそ装備されていないが、アメリカンなスティングレーのエクステリアデザインのカッコ良さ、インテリアのハイセンスなデザイン、質感の高さはほとんど高級車並みで、スパッとした横基調のインパネが左右の広がり感を強く演出。車格を大きく超えた運転感覚、居住感覚をもたらしている。

ワゴンRスティングレー画像はこちら

 また、スムースなターボエンジンは、高回転まで回しても雑味がなく、高速道路でも安心感ある気持ちいい走りを提供してくれるのだ。

画像ギャラリー


新着情報