【動画】土屋圭市&中谷明彦がスポーツタイヤの二大巨頭 POTENZA「RE-71RS」「S007A」を全開比較試乗

【動画】土屋圭市&中谷明彦がスポーツタイヤの二大巨頭 POTENZA「RE-71RS」「S007A」を全開比較試乗

圧倒的な性能の2本を全方位リポート

 世界最大のタイヤメーカーであるブリヂストン。その技術の粋を集めて生み出される高性能スポーツタイヤブランドが「POTENZA(ポテンザ)」だ。走り好きにとって、安心と安全、愛車の性能をとことんまで引き出せるタイヤとして長年愛されているブランドである。

 今回はそんなPOTENZAのなかから、RE-71RSとS007Aという2本のタイヤを選択。ドリキンこと土屋圭市さん、理論派レーシングドライバーの中谷明彦さんに、公道に近いクローズドコースの群馬サイクルスポーツセンターをメインで比較試乗してもらった。その前に2本のタイヤを簡単に紹介しよう。

ブリヂストンPOTENZA RE-71RSとS007A画像はこちら

 現在ラインアップされるPOTENZAのなかで、最高の運動性能を誇り、頂点に位置するタイヤがRE-71RSだ。その性能は凄まじく、BS社内で行われた筑波サーキットコース2000のタイムアタックテストにおいて、先代モデルであるRE-71Rに対し、最速ラップで2%、平均ラップタイムで1.1%の向上を果たしたという。

ブリヂストンPOTENZA RE-71RSのロゴ画像はこちら

 RE-71RSの凄いところは、単にドライ路でのハイグリップを極めただけではないところだ。簡単にいえばレース用タイヤのように、溝を減らし、溝を浅くし、ソフトなコンパウンドを使えばサーキットでのタイムは向上する。だがそれでは量産車が公道でも使用するタイヤとしては不合格なことはわかるだろう。

ブリヂストンPOTENZA RE-71RSの走行シーン画像はこちら

 RE-71RSは、これだけドライ路でのグリップを意識しつつ、ラベリング制度でウエットグリップ性能「b」を獲得している。さらに耐摩耗性能でも先代のRE-71Rに対して5%も向上しているのだ。公道からサーキットまで安心して装着でき、さらに経済面でもユーザーフレンドリーなタイヤだといえるだろう。

ブリヂストンPOTENZA RE-71RSのトレッドパターン画像はこちら

 S007Aは、「プレミアムPOTENZA」というキャッチからも読み取れるとおり、POTENZAの名にふさわしい運動性能と共に、コンフォート性など、あらゆるバランスを追求したタイヤである。

ブリヂストンPOTENZA S007Aのロゴ画像はこちら

 まず、ドライ路面でのグリップはもちろん、高剛性ハンドリングシート、スムースリブ、ローアングルグルーブなどの技術を採用し、ドライ路面でのハンドリングレスポンスを高めている。あらゆるシーンにおいて正確かつシャープなハンドリングが味わえる。

ブリヂストンPOTENZA S007Aの走行シーン画像はこちら

 また、専用コンパウンド、マルチラウンド・ブロック、太いストレートグルーブによって、ウエットグリップをしっかりと確保。ラベリング制度では「b」を獲得している。

ブリヂストンPOTENZA S007Aのトレッドパターン画像はこちら

 具体的にはBSの保有するテストコースにおいて、先代のS001に対して、ドライ路での最速ラップタイムを2.4%短縮、ウエットブレーキ比較では停止距離指数で2ポイント短縮している。ドライ、ウエットともに安心のグリップを確保しているのだ。

ブリヂストンPOTENZA S007Aの全景画像はこちら

 注目はこうした高性能スポーツタイヤながら、静粛性に配慮したところ。周方向のブロック配列を最適化し、パターンノイズを抑制している。そのため、純粋なスポーツモデルだけではなく、ハイパフォーマンスセダンなどにもオススメといえるだろう。

 それではこの2本のタイヤの比較試乗動画をお届けしよう。

■RE-71RSのサイズラインアップはコチラ

■S007Aのサイズラインアップはコチラ

画像ギャラリー