単なる街乗りSUVじゃない! 全日本ラリーで異彩を放った「C-HR」の驚くべき実力 (1/2ページ)

単なる街乗りSUVじゃない! 全日本ラリーで異彩を放った「C-HR」の驚くべき実力

ラリーの名門クスコレーシングが手がけるワークス車両だ

 全日本ラリー選手権のシリーズ第6戦「モントレー2021」が6月11日〜13日、群馬県高崎市を舞台に開催。SS(スペシャルステージ)の設定はわずか3回ながら、いずれも20km前後のロングターマックで、各クラスでバトルが展開されていたのだが、同ラウンドで一際異彩を放っていたマシンといえば、同時開催の国際格式ラリー、JSR(ジャパン・スーパー・ラリー)に参戦したトヨタC-HRだと言えるだろう。

 同マシンはラリーの名門クスコレーシングのワークス車両で、同チームを運営するキャロッセがマシン開発を担当。マシンの規格は通称“AP4仕様”と呼ばれるリージョナルラリーカーに分類され、APRCやアジア各国のラリー選手権をターゲットにキャロッセが2019年に開発。同年のラリー北海道でデビューを果たしたマシンだ。

【関連記事】利点だった「荷室」や「後席」が狭い! 「本末転倒」感のあるデザイン優先の「SUV」が続々登場するワケ

トヨタC-HRラリーカーのサイド画像はこちら

 以来、C-HRはタイの国内ラリー選手権を中心に活躍しているが、モントレーに参戦したマシンは初のターマック仕様車で、グラベル仕様車よりもローダウンされたほか、18インチのワイドタイヤが装着されていた。

 ちなみに、全日本ラリー仕様のRJ車両ではないことから、FIAのR5仕様車と同様にモントレーには仮ナンバーを装着して参戦。ドライバーはAPRCなど国際ラリーの経験が豊富な青山康が担当した。

青山康さんとトヨタC-HRラリーカー画像はこちら

画像ギャラリー