受け継いだのは「名前」だけ! 先代とはまるで別モノの「大胆モデルチェンジ」を行った現行車5選 (1/2ページ)

受け継いだのは「名前」だけ! 先代とはまるで別モノの「大胆モデルチェンジ」を行った現行車5選

気合い入りすぎなモデルチェンジをしちゃったクルマたちを紹介

フルモデルチェンジには旧型の正常進化となるキープコンセプトと、「車名を変えてもいいんじゃないか」と感じるくらい別のクルマに変わる大胆なものがあるが、ここでは後者の形でフルモデルチェンジした現行車をピックアップしていく。

1)トヨタ・クラウン

クラウンは保守的に思われがちなモデルだが、新技術の実用化や先代モデルのアスリートのようなアグレッシブなデザインなど、大胆なフルモデルチェンジをすることが少なくないモデルでもある。

【関連記事】前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

トヨタ・クラウンアスリートのフロントスタイリング画像はこちら

2018年に登場した現行型15代目モデルも全長を延長するなどした上級モデルのマジェスタの廃止やクーペルックのスタイル、レクサスLSなどと同じTNGA-Lプラットホームの採用、ドイツニュルブルクリンクでのテストを行うなど、別のクルマのようになった。

現行型トヨタ・クラウンの走行シーン画像はこちら

ただ、現在現行クラウンは苦戦が続いており、次期モデルの行方が大いに注目されている。

2)トヨタMIRAI

初代MIRAIは量産車世界初の水素をエネルギー源に使う燃料電池車として、2014年に登場した。

初代トヨタMIRAIの走行シーン画像はこちら

昨年登場した2代目モデルは「燃料電池車だからではなく、MIRAIを欲しいと言ってもらえるクルマにする」というコンセプトを掲げていたこともあり、車格の向上とボディサイズの拡大が行われたほか、エクステリアはクーペルックのスタイル、プラットホームもリヤ駆動のTNGA-Lを使うなど、アグレッシブなモデルとなった。

現行型トヨタMIRAIの走行シーン画像はこちら

現行型2代目MIRAIも内容を考えたら非常にリーズナブルなモデルながら、現状は水素ステーションの少なさなどもあり、販売は軌道に乗っていないが、将来的にはクラウンと並ぶ日本を代表する高級車に成長する可能性もありそうだ。

画像ギャラリー


新着情報