フォルクスワーゲンを代表する車種「ゴルフ」はなぜここまで愛されるのか (1/2ページ)

noteで書く
フォルクスワーゲンを代表する車種「ゴルフ」はなぜここまで愛されるのか

いつの時代もゴルフはゴルフであり世界のスタンダードだった

 ついに日本でも8代目となるフォルクスワーゲン・ゴルフ(ゴルフ8)の導入が始まった。フォルクスワーゲン・ゴルフといえば、いつの時代でもCセグメントハッチバックのベンチマークとして世界中の注目を一身に浴びてきたモデルだ。それは今回のゴルフ8でも同様であり、日本のファンも待ち望んでいたことだろう。なぜフォルクスワーゲン・ゴルフはこれほどまでに世界中から注目されるようになったのか、その歴史をおさらいしながら、フォルクスワーゲン・ゴルフの「愛され力」を紐解いていきたい。

【関連記事】ゴルフ7乗りが本音で辛口チェック! 新型ゴルフ8の「イイとこ」「ダメなとこ」

日本に導入された新型フォルクスワーゲン・フォルフ(ゴルフ8)画像はこちら

■フォルクスワーゲンの誇る名シリーズ、ゴルフとは

 フォルクスワーゲン・ゴルフが誕生したきっかけは、先代モデルとされるタイプ1(ビートル)の旧態化にあった。1933年にドイツ首相となったアドルフ・ヒトラーの大衆政策の「国民全員がクルマを持てるようにする」という計画により開発が進められ、1938年にプロトタイプが完成、第二次世界大戦後に民生化されたタイプ1は、安くて頑丈だったことから、ドイツだけでなく欧州全域やアメリカで大ヒット。しかしながら、1960年代になるとその設計の古さが問題となり、そこで後継モデルとして計画されたのが初代ゴルフ(ゴルフ1)だったのだ。

ゴルフの前身モデルとなるフォルクスワーゲン・タイプ1(ビートル)のフロントスタイリング画像はこちら

初代ゴルフ(ゴルフ1) 1974〜1992年

 ゴルフ1は1974年に誕生し、1992年まで生産されたロングセラーモデル。2ボックス型のボディにエンジンを横置きして前輪を駆動するクルマはゴルフ1以前にもあったが、このゴルフ1の登場により、コンパクトカーとはこういうものという模範解答を世界に示した。以後、フォルクスワーゲン・ゴルフが世界のベンチマークになったというわけだ。

初代フォルクスワーゲン・ゴルフ(ゴルフ1)のフロントスタイリング画像はこちら

 ちなみに「ゴルフ」という車名は、大西洋からヨーロッパに流れ込む暖流(Golf Storm)に由来しており、スポーツのゴルフとはまったく関係がない。

2代目ゴルフ(ゴルフ2) 1983〜1991年

 2代目ゴルフ(ゴルフ2)は、1983年に登場し、1991年まで生産。大成功を収めたゴルフ1のイメージを色濃く残したかなりコンサバティブなフルモデルチェンジであった。

2代目フォルクスワーゲン・ゴルフ(ゴルフ2)のフロントスタイリング画像はこちら

 高性能版であるGTiが途中からDOHCになって人気を博したのもトピックだ。最低地上高を拡大した今でいうクロスオーバーSUVのようなゴルフカントリーというレアなモデルも存在した。

3代目ゴルフ(ゴルフ3) 1991〜1997年

 3代目ゴルフ(ゴルフ3)は、1991年から1997年まで生産販売。このモデルでゴルフ1・2と続いた丸目のヘッドライトが楕円形になり、賛否両論を巻き起こす。

3代目フォルクスワーゲン・ゴルフ(ゴルフ3)のフロントスタイリング画像はこちら

 ちなみにゴルフ1の生産年がこのゴルフ3の販売以降まで継続されていたのはカブリオレモデルがモデルチェンジしていなかったためで、ゴルフ3でカブリオレが登場することで、ゴルフ1の生産は完全に終了することになった。

4代目ゴルフ(ゴルフ4) 1997〜2006年

 4代目ゴルフ(ゴルフ4)は、1997年から2006年まで販売されていた。このゴルフ4では高級化が図られており、製品クオリティも大幅に向上した。

4代目フォルクスワーゲン・ゴルフ(ゴルフ4)のフロントスタイリング画像はこちら

 また、ABSやEPS(横滑り防止装置)、デュアルエアバッグが装備されるようになり、安全性も飛躍的に高められている。

5代目ゴルフ(ゴルフ5) 2003〜2009年

 5代目ゴルフ(ゴルフ5)は2003年から2009年に渡って生産。新しいプラットフォームとなったゴルフ5のクオリティ、ドライバビリティ、セーフティ性能は圧倒的であり、それは全世界中で「ゴルフ・ショック」と称えられ、同カテゴリーの他車に衝撃を与えた。

5代目フォルクスワーゲン・ゴルフ(ゴルフ5)のフロントスタイリング画像はこちら

 ゴルフ4までの愛らしいフェイスはこのゴルフ5でイメージチェンジ。吊り目のヘッドライトになったことでスポーティさが強調された。

6代目ゴルフ(ゴルフ6) 2008〜2012年

 6代目ゴルフ(ゴルフ6)は2008年に登場。プラットフォームはゴルフ5を引き継いでおり、エクステリアとインテリアの意匠変更がモデルチェンジのメイントピック。そういう意味ではゴルフ5の正常進化版であり、ゴルフ5をより熟成した完成度の高いモデルといえる。

6代目フォルクスワーゲン・ゴルフ(ゴルフ6)のフロントスタイリング画像はこちら

 エンジンのダウンサイズが図られたのもこのモデルから。2012年まで販売された。

7代目ゴルフ(ゴルフ7) 2012〜2019年

 7代目ゴルフ(ゴルフ7)は2012年にデビュー。新世代プラットフォーム「MQB」の採用により、高い走行性能と安全性を手に入れており、日本では輸入車として初めて日本カー・オブ・ザ・イヤー(2013-2014年)を受賞するなど評価も高かった。

7代目フォルクスワーゲン・ゴルフ(ゴルフ7)のフロントスタイリング画像はこちら

 ハイブリッドの「GTE」やEVの「e-ゴルフ」などの電動車がラインアップされたのも時代を反映していたと言える。

画像ギャラリー


新着情報