知られざる「ご先祖車」! いまの国産「ビッグネーム車」を生んだ昔のクルマ6選 (1/3ページ)

知られざる「ご先祖車」! いまの国産「ビッグネーム車」を生んだ昔のクルマ6選

人気モデルや革新的なモデルがあったからこそ今がある

 現在、発売されているクルマのなかには、かつてあった先祖の今の姿……ということも多い。言い方を変えれば、そのクルマがあったからこそ、今のクルマがある、ということだ。たとえば、日本に8代目となる新型が上陸したばかりのVWゴルフの先祖が、カブトムシ=VWビートルのように、姿カタチがまったく異なる現代版や、先祖のモチーフをそのまま取り入れた現代版など、進化のし方はさまざまだ。

【関連記事】市場を切り開いた偉大なクルマが敗北! 「後出しじゃんけん」でバカ売れしたクルマ4選

フォルクスワーゲン・タイプ1(ビートル)のフロントスタイリング画像はこちら

1)ホンダ・フィット

 たとえば、日本のコンパクトカー、ファミリーカーを代表するホンダ・フィット。初代は2001年にデビューし、今では4代目となっているが、海外ではホンダ・ジャズという車名で親しまれているホンダの大ヒット作。

4代目ホンダフィットの走行シーン画像はこちら

 プラットフォームはホンダ独創のセンタータンクレイアウトを採用し、コンパクトカーとは思えない広大な室内空間、多彩なシートアレンジ性で人気を博したことは、誰もが知るところだろう。

 そんなフィットは突然出てきたわけではない。そもそもは1996年に登場した、シティの後継者となったホンダ・ロゴを先祖に持つコンパクトカーなのである。

ホンダ・ロゴのフロントスタイリング画像はこちら

 シティは楽しさ、デザイン性を重視した、カブリオレまであったコンパクトカーだが、ロゴは一転、コンパクトカーとして本来あるべき姿の実用性重視のクルマに大変身。

ホンダ・シティ・カブリオレのフロントスタイリング画像はこちら

 3/5ドアのハッチバックボディで、1.3リッターエンジン+CVTを搭載。派生車としてプラットフォームを共用したキャパ、HR-Vも存在した。

ホンダHR-Vのフロントスタイリング画像はこちら

 ただし、ロゴの人気は思ったほど振るわず、その反省からコンセプトを一新し、センタータンクレイアウトを用いた新プラットフォームを採用するフィットが2001年6月に、ロゴと入れ替わるカタチで華々しくデビューしたというわけだ。

初代ホンダ・フィットのフロントスタイリング画像はこちら

 結果、優れたデザイン、走り、パッケージ、シートアレンジ性などが評価され、初代から3代目(~2020年)までの人気ぶりは周知のとおりである(現行4代目もがんばれ!!)。

画像ギャラリー