理論派モータージャーナリストの中谷明彦がSUV専用設計タイヤ「ブリヂストン ALENZA」2本を比較試乗

理論派モータージャーナリストの中谷明彦がSUV専用設計タイヤ「ブリヂストン ALENZA」2本を比較試乗

より快適に! よりスポーティに! SUVの走りを変える2本

 かつてはアウトドア趣味をもつひと御用達のイメージがあったSUVだが、昨今のSUVブームで、街乗り中心の乗用ユースとして使用するひとや、高級車としてとらえるひとなども非常に多くなっている。

 そうした背景には、自動車メーカーが多種多様なSUVを登場させていることも理由にあるだろう。そうなると今度は、「SUVだから」という「いいわけ」で許されてきた、走りのネガな部分が受け入れられなくなってくる。つまりユーザーの要求がどんどん厳しくなるのだ。

 ネガな部分としては、たとえば背高がゆえのコーナリングの不安定さや、前面投影面積の大きさからくる燃費の悪さ、静粛性の厳しさなどが挙げられる。当然自動車メーカーもクルマ自体を進化させているが、ことプレミアムSUVと呼ばれるジャンルにおいては、ユーザーがセダンの上級車などを経験しているケースが多いため、非常に厳しい目をもっているのだ。

アレンザ001を装着したレクサスNXの高速走行シーン画像はこちら

 今回紹介するブリヂストンのSUV専用設計タイヤ、アレンザ「LX100」と「001」は、オンロードに特化して、SUVの走りをより快適なものにするべく開発された2本だ。

 まず2021年2月に新発売となったLX100は、より上質な走りを求めたタイヤとなっている。最大の特徴は静粛性だ。

アレンザLX100の真横画像画像はこちら

 まず、トレッドパターンに3Dノイズ抑制グルーブを採用。「ダブルブランチ型消音器」を用い静粛性を向上させた。さらにイン側には3Dノイズカットデザインを採用。加えてセンターよりイン側部分にシークレットグルーブを設けたことで、摩耗しても高周波ノイズの抑制が持続されるようになっている。

アレンザLX100のトレッド正面画像画像はこちら

 その結果ブリヂストン社内のテストでは、従来のSUV用タイヤ、DUELER H/L 850に比べて新品時の比較で22%もの騒音エネルギーの低減が確認されている。また、60%摩耗時では、9%の低減というデータが示されたのだ。

※詳細は以下リンク参照
https://tire.bridgestone.co.jp/alenza/lx100/

 もちろんLX100の性能はそれだけではない。専用のサイドチューニングによって剛性を確保。前述した背高に加えて車両重量が重くなりがちなSUVのふらつきを抑えることに成功している。

アレンザLX100を装着したレクサスNXのワインディング走行シーン画像はこちら

 さらにトレッドの非対称パターンの採用とブロック剛性を最適することで、耐摩耗性を確保し、お財布にも優しいタイヤとなっているのだ。

アレンザLX100のロゴ画像画像はこちら

 もう1本の001は、スポーツ性を重視したモデルだ。

 いまどきのプレミアムSUVは動力性能が高く、走りの面での要求も高い。001はリブ端部の角の丸めを最適化し、リブ中央部の接地圧を高めたことで、ウェットグリップを向上。ラベリング表示では、ウェットグリップ性能でじつに14サイズがa、23サイズがbと、全サイズb以上を獲得している。

アレンザ001のトレッド面を斜めから見た画像画像はこちら

 さらにブロック端の角を丸めて、制動時におけるエッジの巻き込み変形を抑えることで、制動時のフラットな接地を実現した。

 一般的に運動性能を高めたタイヤはシッカリ発熱させることでグリップを高めているため、燃費に厳しくなることが多い。だが001はシリカ同士の擦れ合いによる発熱を低減し、転がり抵抗を下げることに成功した。ブリヂストン社内テストでは、DUELER H/P SPORTに比べて転がり抵抗係数が19%も低減している。

※詳細は以下リンク参照
https://tire.bridgestone.co.jp/alenza/001/

アレンザ001のロゴ画像画像はこちら

 今回はこの2本をレクサスNXに装着し、レーシングドライバーであり、理論派モータージャーナリストとしても知られる、中谷明彦さんに評価してもらった。動画でお届けしたい。

■LX100のサイズラインアップはコチラ

■001のサイズラインアップはコチラ

画像ギャラリー