これは日本にも入れてほしい! 北米でスバル・フォレスターウィルダネスを発表 (1/2ページ)

これは日本にも入れてほしい! 北米でスバル・フォレスターウィルダネスを発表

この記事をまとめると

■アウトバックに続くウィルダネスシリーズに第2弾が登場

■パワーユニットや足まわりに改良が入り牽引力や走破性が向上

■日本での販売予定は現状では未定

個性が際立つウィルダネスシリーズ第2弾!

 北米ではスバルが大人気だ。北米には日本で販売されていない車種も多数存在するため、日本のファンのなかには並行輸入してまで購入する者もいる。今回紹介するのは、北米スバルで新たに販売される特別仕様車である「フォレスターウィルダネス」だ。

【関連記事】ジェスチャーでエアコンの温度設定が可能になった! スバル・フォレスターがビッグマイナーチェンジでイケメン度アップ

フォレスターウィルダネス全体画像はこちら

 先日、日本でも発表されたレガシィアウトバックにも設定があるウィルダネスシリーズの第2弾となるのがこのモデルだ。

「フォレスター ウィルダネス」の特徴のひとつは、機能性の高さとそれを表現したデザイン。ボディ全周に渡って装着したブラックカラーのプロテクションパーツは、立体的な造形でたくましさを表現するとともに、車体を保護する役割も兼ね備えている。

フォレスターウィルダネス全体画像はこちら

 また、標準モデルに対して幅を約20mm拡大したルーフレールは、最大積載量を増やすとともに、片側3か所のレッグ部分にそれぞれロープ穴を設け機能性を強化。このレッグ部分には、アナダイズドイエローのアクセントカラーを配置し、特別感がより向上してる。

フォレスタールーフレール画像はこちら

 内装も同色をアクセントに、ブラックとグレーのダークトーンで全体をコーディネートされ、撥水性のある表皮を使用したシートなども採用。アウトドアでも気兼ねなく使える機能性を備えているのが嬉しい。

フォレスターウィルダネスフロントシート画像はこちら

 まさにアウトドアで気兼ねなく使える仕様となっている。

画像ギャラリー