日本専用エクステリアを手に入れて上質&タフに変身! 価格は199.9万円〜のカローラクロスがついに日本発売! (1/2ページ)

日本専用エクステリアを手に入れて上質&タフに変身! 価格は199.9万円〜のカローラクロスがついに日本発売!

この記事をまとめると

■カローラにシリーズ初となるSUVが登場

■パワートレインはガソリンとハイブリッドを用意

■価格は199万9000〜319万9000円

日本の国民車が日本の国民的SUVになった

 1966年に誕生して以来、日本国民に寄り添い、そして進化を続けてきたまさに日本の国民車のカローラ。いまやカローラは、日本だけでなく、世界150以上の国で累計5000万台が販売された世界の国民車となっているが、世界の人々のニーズに応えるべく、そして時代の要請に対応するべく新たに生み出されたモデルがあった。それがカローラクロスだ。

【関連記事】大ヒット確実なのに「不安」が募る! 「カローラ クロス」発売を控えた販売現場の悩み

トヨタ・カローラクロスのフロントスタイリング画像はこちら

 そしてこの度、ついにカローラクロスの日本発売が発表された。

 カローラクロスは、これからのカローラに求められる新しい姿を追求した結果、シリーズ初のSUVとして誕生したモデルで、SUVならではの広い室内空間や高いユーティリティに加え、力強い走りと低燃費を両立している。

トヨタ・カローラクロスの車内スペース画像はこちら

「アーバン・アクティブ」をコンセプトにしたエクステリアは、SUVらしいダイナミックで洗練されたスタイルで、すでに海外で販売されているカローラクロスとは異なり、現状では日本だけのオリジナルとなっている。ガラス面やヘッドライト、リヤコンビネーションランプの伸びやかなデザインと、ワイドで安定感のあるバンパー部のデザインが生み出す絶妙なコントラストが、都会的で堂々としたプロポーションを演出している。ボディカラーには、いずれも都会的で洗練されたイメージを持つ全8色が用意されている。

トヨタ・カローラクロスのリヤ走行シーン画像はこちら

 インテリアは、インストルメントパネルからドアトリムにかけて連続性あるデザインでまとめられており、室内空間に広がりを感じさせる。室内照明が全てLEDで統一された車内はカジュアルな雰囲気だが、その中に上質で質感を感じさせるインテリアとなっている。

トヨタ・カローラクロスのインテリア画像はこちら

 搭載されるパワーユニットは1.8リッターの直4。ガソリン車とハイブリッド車が用意され、いずれもアクセル操作に対してクルマが素直に反応するシームレースな加速感を実現。ハイブリッド車の燃費はクラストップレベルとなる26.2km/L(WLTCモード)を達成しただけでなく、E-Fourも設定することで、滑りやすい路面でも安定した走行を提供してくれる。このハイブリッド車の4WDも日本だけに設定されたものだ。

トヨタ・カローラクロスのハイブリッドシステム画像はこちら

 プラットフォームはトヨタのCセグメント向けプラットフォームのGA-Cを採用。軽量で高剛性なGA-Cプラットフォームにより、軽快で安定した操縦安定性をカローラクロスは備えるだけでなく、吸収素材の最適配置したことで静かで快適な車内空間を実現している。

画像ギャラリー