なぜか今テレビCMで引っ張りだこの「バリカン」コロナ! プチブレイク中の3代目コロナって何もの? (1/2ページ)

noteで書く
なぜか今テレビCMで引っ張りだこの「バリカン」コロナ! プチブレイク中の3代目コロナって何もの?

この記事をまとめると

■最近テレビCMなどで3代目コロナをよく見かける

■日本のモータリゼーションを3代目コロナがけん引していた時期があった

■フロントまわりのデザインから「バリカンコロナ」という愛称が付けられた

カローラ誕生前のトヨタのベストセラーモデル

 最近あるテレビ通販番組のテレビCMにおいて、3代目トヨペット コロナ(以下3代目コロナ)が登場している(しかもトヨグライド[自動変速車]仕様)のを見かけた。何か特別な意味があって登場しているわけでもないようなのだが、あえて3代目コロナを選んでいるところが実に興味深い。

 ここ数年で見ても、3代目コロナが、缶コーヒーや、銀行系カードローンなど、ちょくちょくテレビCMに登場している。”古いクルマ=3代目コロナ”のような印象すら受けてしまう。

【関連記事】マニアすらも驚くレアっぷり! しかも安くてイケてる「脱定番」旧車4選

3代目コロナのリヤスタイリング画像はこちら

 3代目コロナは1964年9月にデビューしている。初代コロナは1957年7月にデビュー。その丸っこい愛くるしいエクステリアデザインから「ダルマ」との愛称がつけられた。2代目は1960年4月にデビューしている。1959年に日産自動車から初代ダットサン・ブルーバードがデビューしているのだが、そのスタイリッシュなエクステリアや、日本初の女性仕様車「ファンシーDX」の設定などもあり大ヒットし、”ダルマ”コロナの販売が伸び悩むなか2代目へバトンタッチしている。

 3代目コロナは、フロントからリヤまで流れるアローラインを採用した、スタイリッシュな角型基調のデザインがウリでもあり、そして大ヒットし初代カローラが登場するまでは新車販売台数トップとなっていた。

3代目コロナのサイドビュー画像はこちら

 トヨタはすでに1955年1月に発売した、初代トヨペット・クラウンを乗用車としてはトヨタ初というよりも、国産乗用車として初めて対米輸出を行っている。しかし、その結果はあまり芳しいものではなかった。

輸出のために船積みされる初代クラウン画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報