マンガ・ドラマ・映画で一躍スターにのし上がったクルマ3台! 気になるいまの中古相場を探ってみた (1/2ページ)

noteで書く
マンガ・ドラマ・映画で一躍スターにのし上がったクルマ3台! 気になるいまの中古相場を探ってみた

この記事をまとめると

■人気作品ともなれば、登場するクルマの中古車相場が高騰しがちだ

■作品は人気なのに中古車が全然ないケースもある

■当時かなりの数売れたがメーカーの撤退でクルマが処分されることも

買えば気分はスター! あの名車の中古はいくらで買える?

 クルマが人気となる背景はさまざまだが、意外にもバカにできないのが、映画やドラマ、マンガに登場したことで火が付いたというパターンではないだろうか。

 とくに代表的なものと言えば、やはり1995年から2013年まで連載されていた「頭文字D」に登場していたAE86型スプリンタートレノが挙げられるだろう。

【関連記事】映画がなければマイナーだった!? スクリーンに登場して有名になったクルマ5選

AE86走り画像はこちら

 連載開始当時は、すでに登場から10年以上が経過しており、安価で購入できるFR入門車という側面が強かったAE86だが、頭文字Dの人気が高まるにつれて価格も上昇し、新車価格を超える車両も登場するほどだった。

 現在はすっかり旧車の仲間入りを果たし、高いものでは400~500万円台のプライスタグも珍しくない状態となっており、気軽に購入できるモデルではなくなってしまった。

 それではここからは、映画やドラマ、マンガがきっかけで人気となった車両の今をチェックしてみたい。

1)湾岸ミッドナイト:日産フェアレディZ(S30型)

 頭文字Dと人気を二分したクルマ漫画としては「湾岸ミッドナイト」も欠かすことができないだろう。峠を舞台とした頭文字Dに対し、首都高を中心とした都市高速が舞台となった湾岸ミッドナイトは、その独特の世界観から未だに高い人気を誇っている。

S30Z全体画像はこちら

 そんな湾岸ミッドナイトの主人公である朝倉アキオが乗るのが、”悪魔のZ”と呼ばれる初代フェアレディZのチューニングカー。作中ほどのハードチューニングがなされた個体でなくても、現在は状態の良いものであれば1000万円を超えるものも珍しくない。

 また、作中のモデルとは直接的な関係はないが、同時期のスカイラインGT-Rにも搭載されたS20型エンジンを搭載した「Z432」は2000万円超というものも存在しているほどである。

画像ギャラリー


新着情報