なんと「わナンバー」の競技車両がラリーに参戦! 「借りて」参戦可能な気になる値段とその中身 (1/2ページ)

なんと「わナンバー」の競技車両がラリーに参戦! 「借りて」参戦可能な気になる値段とその中身

この記事をまとめると

■アクテック・ラリーチームが全日本ラリー選手権に「わ」ナンバーのヤリスを登録

■「わ」ナンバーのヤリスCVTは誰でもレンタルすることが可能

■戦闘力も高く第10戦「ラリーハイランドマスターズ」JN6クラスの4位に入賞

全日本ラリー選手権に「わ」ナンバーのヤリスが登場!

 10月15日〜17日、岐阜県高山市を舞台に開催された全日本ラリー選手権第10戦「ラリーハイランドマスターズ」には、オープンクラスを含めて合計66台がエントリー。なかでもオープンクラスの車種バリエーションが多彩で、マセラティ・クーペや日産マーチRなどユニークなマシンが参戦していたが、全日本選手権においても、ちょっと変わったマシンが注目を集めていた。

 その注目を集めた一台が、アクテック・ラリーチームが50号車としてJN6クラスに投入したトヨタ・ヤリスにほかならない。車種こそJN6クラスで人気のヤリスCVTだが、この50号車はなんと「わ」ナンバーとして登録されたマシン。

【関連記事】【ただ安いワケがない!!!】知っておきたい格安レンタカーにありがちな代償4つ

「わ」ナンバーのヤリスCVTの正面スタイリング画像はこちら

 三重県鈴鹿を拠点とするレンタカー会社「スパイラルネット」が所有する正真正銘のレンタカーで、日本初の「わ」ナンバーの競技車両として、全日本ラリー選手権に登場したのである。

 これまでラリー競技ではチームが所有するマシンをチーム員がレンタルして競技に参戦することは少なくなかったが、この「わ」ナンバーのヤリスCVTは誰でもレンタルすることが可能で、同マシンを使用してラリーオペレーションを担当するアクテック・ラリー チームの辻井利宏代表は、「ラリーチームのマシンは誰でも借りることができるわけではないので、閉鎖的で敷居が高いですよね。そこで、チームに所属してない人でも気軽にラリー競技に参加できるように、スパイラルネットさんと連携して“わ”ナンバーのマシンを企画しました」と語る。

「わ」ナンバーのヤリスCVTの走行シーン画像はこちら

 さらに、「この企画をスタートしたことで競技人口が増えてくれることを期待しているんですけど、実際に問い合わせも多く、このヤリスCVTでトヨタGAZOOレーシングラリーチャレンジへの参戦を申し込んだドライバーもいます」と付け加える。

画像ギャラリー