【試乗】オールシーズンタイヤは「ドライ性能」がキモ! NEXENの「N‘Blue 4Season」でロングランを試した (1/2ページ)

【試乗】オールシーズンタイヤは「ドライ性能」がキモ! NEXENの「N‘Blue 4Season」でロングランを試した

ハイテク工場で作られるネクセンのオールシーズンタイヤ

 このところ、1年を通して使えるオールシーズンタイヤへの注目度が高まっているが、「本当に雪道をちゃんと走れるのか!?」、あるいは逆に「ドライ路面でも不満を感じないのか!?」、気になっている人は少なくないことだろう。

 実際、さまざまなメーカーから発売されているオールシーズンタイヤは、そのキャラクターには幅がある。ただし、たとえスノー性能を重視した商品であっても、冬道での性能はスタッドレスタイヤには敵わない。だから降雪地に住んでいたり、ウインターレジャーに頻繁に行くというひとは、スタッドレスタイヤを履いておいたほうが賢明だ。

ネクセンタイヤN‘Blue 4Seasonを装着したアクア画像はこちら

 かたやオールシーズンタイヤは、年に数回雪が降るか降らないか? といった都市部のユーザーが“いざというとき”に備えられるもの。スタッドレスタイヤではなくサマータイヤの代わりと捉えたほうがよい点を、まずはご理解いただきたい。

 そんなオールシーズンタイヤのなかでも、こんな魅力的な商品が存在することをぜひ知っておいて欲しい。ネクセンタイヤの「N‘Blue 4Season」(エヌブルーフォーシーズン)だ。

ネクセンタイヤN‘Blue 4Seasonのサイドウォール画像画像はこちら

 ネクセンタイヤは韓国発のグローバルタイヤメーカーで、世界初のフルオートメーション工場や、このところ矢継ぎ早に報じられた欧州プレミアムカーブランドへの純正採用などが業界内でも話題となっている注目株。他のアジアンタイヤブランドとは一線を画する存在である。

 筆者はこの「N‘Blue 4Season」を装着したクルマで、すでに冬道や雨のなかを走ったことがあり、スノー性能とウェット性能の高さは確認済みだ。

 スノー性能については、「M+S」マークや、欧米でM+S以上に冬道性能が高いスノータイヤの指標となっている“スリーピーク・マウンテン・スノーフレークマーク(※山に雪の結晶をデザインしたもの)が刻印されていることでも明らかなとおり。いわゆる「冬用タイヤ規制」でも通行できる性能を備えていることが公的にも認められている。

ネクセンタイヤN‘Blue 4Seasonのスノーフレークマーク画像はこちら

 ウェット性能は、水たまりができるほどの雨のなかを走って確認。しっかりと排水されてタイヤの中心が接地している感覚が伝わり、フルブレーキングを試しても最初からグッと減速度が立ち上がるなど安心感があった。またウェットグリップの低いタイヤだと横に逃げそうなコーナーでも問題なく踏ん張ってくれたことにも感心した。

 続いては、肝心のドライ性能。いかに万能な性能を備えているのか確認すべく、都内から箱根までドライブすることにした。

ネクセンタイヤN‘Blue 4Seasonと岡本幸一郎画像はこちら

画像ギャラリー