ハイブリッド車は大きな電池があるのに12Vバッテリーも積んでいる! 「あがる」と走れなくなるから要注意だった (1/2ページ)

noteで書く
ハイブリッド車は大きな電池があるのに12Vバッテリーも積んでいる! 「あがる」と走れなくなるから要注意だった

この記事をまとめると

■ハイブリッドカーには駆動用バッテリーと補機用バッテリーが積まれている

■補機用バッテリーがないとハイブリッドシステムの起動ができない

■補機用バッテリーは従来型12Vバッテリーとは構造が異なり互換性がない

ハイブリッドシステムの起動と制御にもバッテリーが必要

 ハイブリッドカーのバッテリーシステムをご存じだろうか。じつは2種類のバッテリーが搭載されている。ひとつはハイブリッドカーの要である電気モーターの電源となる駆動用バッテリー。

【関連記事】同じクルマとは思えないほどの違和感! ハイブリッド車に初めて乗る人が知っておくべき注意点5つ

ハイブリッドカーの駆動用バッテリーのイメージ画像はこちら

 そしてもうひとつが、一般電装品やハイブリッドシステムを起動、制御するための従来型12Vバッテリーである。

従来型12Vバッテリーのイメージ画像はこちら

 駆動用バッテリーは、フルハイブリッド車の先駆であり、現在もトップランナーであるトヨタ車の例を見ると、200V級のリチウムイオンバッテリー電圧をさらに昇圧して使っている。しかし、ハイブリッドシステムを起動するには、モーター駆動用の高圧バッテリーでなく、システム起動用の12Vバッテリーが必要なのである。当たり前の話になるが、駆動用バッテリーが満充電状態でも、システム起動用バッテリーがあがってしまうと、ハイブリッドカーは身動きがとれなくなってしまうのである。

画像ギャラリー


新着情報