ロードスター全車の人馬一体感がさらに高まった! 特別仕様車・新機種投入と仕様変更を一気に実施 (1/2ページ)

noteで書く
ロードスター全車の人馬一体感がさらに高まった! 特別仕様車・新機種投入と仕様変更を一気に実施

この記事をまとめると

■マツダ・ロードスターに特別仕様車「990S」と「Navy Top」を設定

■ロードスターRFに「VS Terracotta Selection」を新規追加

■ロードスター全車にキネマティック・ポスチャー・コントロールを採用

軽さを追求した「S」のバネ下重量低減を狙った990S

 いまやマツダを代表する、いや日本を代表するオープンスポーツカーとなったロードスター。1989年に初代モデルがデビューして以来、これまでに110万台以上を販売するにいたっている。現行モデルは「人生を楽しもうー“Joy of the Moment, Joy of Life”」をコンセプトに開発され、2015年にデビューした4代目だ。

 そんな4代目ロードスターにふたつの特別仕様車「ロードスター 990S」と「ロードスター Navy Top」、そしてひとつの新機種「ロードスター RF VS Terracotta Selection」が追加された。

 ロードスター 990Sは、「軽いことによる楽しさ」を追求した最軽量グレード「S」をベースに、さらなるバネ下重量の低減を図ったモデルで、RAYS社製鍛造16インチアルミホイールを採用することで約3.2kgの軽量化を実現している。

【関連記事】全部100万円以下! いますぐ話題の「MT女子」になれる魅惑のクルマ5台

ロードスター 990Sのサイドビュー画像はこちら

 また、フロントブレーキにはブレンボ社製大径ベンチレーテッドディスク&ブレンボ社製対向4ピストンキャリパーを、リヤには大径ブレーキローター&キャリパーを装備するとともに、ダンパーやコイルスプリング、電動パワーステアリング、エンジン制御などを990S専用セッティングに変更。

ロードスター 990Sのホイールとブレーキ画像はこちら

 バネ下重量の低減と軽さを生かしたシャシーとエンジンの専用セッティングにより、軽やかで気持ちのいい人馬一体感を提供する特別仕様車となっている。6MTのみの設定で、価格は289万3000円。

画像ギャラリー


新着情報