BMW X3の特徴は? スペックからモデルごとの変遷まで解説! (1/3ページ)

BMW X3の特徴は? スペックからモデルごとの変遷まで解説!

この記事をまとめると

■「X3」はBMWのミドルサイズのSUV

■現行型で3代目となる

■歴代や最新モデルの詳細について解説する

よりスタイリッシュに、より安全になった「X3」の魅力を紹介

 2017年10月19日にフルモデルチェンジが発表され、2021年10月28日にマイナーチェンジが行われた「BMW X3」。

 今回はよりスタイリッシュに、そしてより安全機能が進化した新型「BMW X3」の魅力をご紹介していきます。

新型BMW X3の特徴とは?

「X3」は、BMWのプレミアムコンパクトSUV「X1」とプレミアムSUV「X5」の間に位置するミドルサイズのSUV。高いオンロード性能と運動性能を持つ「SAV(スポーツ・アクティビティー・ビークル)」というBMWのコンセプトのもと、従来のSUVとは異なる観点で進化を続けてきた1台です。

 フェイスリフトを受けた「BMW X3」の基本スペックは、サイズが全長4720mm×全幅1890mm×全高1675mmとマイナーチェンジ前とは同サイズ。トランスミッションは8速ATで、フルタイム4WD「BMW xDrive」を全グレードに採用されています。

「BMW xDrive」とはオーバーやアンダーなどの不安定な挙動に対して事前に察知して前後のトルクを最適化し、いかなる路面状態でも常に最高の運動性能が発揮できるインテリジェントシステム。

 エクステリアはフロントとリアのデザインが一新され、より精悍で力強い印象に。新型のキドニーグリルやスポーティなエアインテークなどの採用によりダイナミックさとスポーティさがいっそう際立つ外観となりました。

【関連記事】BMWのSUVラインアップ一覧! 各モデルの特徴や価格について徹底解説

現行BMW X3の走り(リヤ)画像はこちら

 内装では、12.3インチの視認性に優れたタッチパネル機能付きディスプレイで操作する「BMWライブ・コックピット」、先進的な運転支援システム「ドライビング・アシスト・プロフェッショナル」やホールド感抜群の「運転席&助手席のスポーツシート」、M高級感を引き立てる「ガルバニック仕上げのスイッチ類」が全モデル共通で新たに採用されました。

「BMW X3」の主要ラインナップは、2L直列4気筒BMWツインパワー・ガソリン・ターボエンジンを搭載した「xDrive20i」(最高出力184馬力)。

 2L直列4気筒BMWツインパワー・ディーゼル・ターボエンジンを搭載した「xDrive20d」(最高出力190馬力)。

「xDrive20d」ではMモデル用のエクステリアやM Sportのホイール、厳選されたヴァ―ネスカ・レザーシートなどのスペシャルティな装備が加わった「Mスポーツエディション」も用意されています。

 プラグインハイブリッドモデルの「xDrive30e」は、2L直列4気筒エンジンと、最高出力109馬力(80kW)を発揮するモーターを搭載し、システム出力292馬力(215 kW)を達成。

 このプラグインハイブリッドモデルには「Mスポーツエディション」の他に、55万円お値打ちな「Mスポーツ エディションジョイ+」もラインナップされています。

 価格設定は「xDrive20i」が699万円、「xDrive20d」が719万円、「xDrive20d」Mスポーツが766万円。

「xDrive30e Mスポーツ エディションジョイ+」が802万円、「xDrive30e Mスポーツ」が857万円となっています。

「BMW X3」マイナーチェンジでどう変わった?

 デザイン面ではBMW伝統のキドニーグリルが左右一体の新構造となり、さらに精悍に。

 フロントとリアのバンパーセクションをスタイリッシュに処理することで空力性能が向上したとともに、迫力のあるスタイリングを獲得しています。

現行BMW X3(最新モデル)の走り画像はこちら

 インテリアは主にハイグロスのトリムが特徴の、ラグジュアリーで落ち着いた空間を演出。

 インフォテインメントシステムは音声認証システム「インテリジェント・パーソナル・アシスタント」を搭載。Amazonアレクサ・インテグレーション対応のスマホで自宅と同じように簡単に音声サービスを操作することができます。

 装備では、国内認可取得モデルでは初となる「ハンズオフ機能付き渋滞支援機能」が実装されたほか、高性能な3眼カメラとレーダー、プロセッサーによる最新の予防安全・運転支援システム「ドライビングアシストプロフェッショナル」も全車採用。

現行BMW X3(最新モデル)の内装画像はこちら

 全車速対応の「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」や「レーンキープアシスト」、「後側方支援警戒システム」や事故回避アシスト付の「衝突回避・被害軽減ブレーキ」もヒョジュン装備です。

 ペダルの踏み間違いによる「急発進抑制機能」や、直前に走行した最大50mのルートを記憶し同じルートをバックで正確に戻れる「リバースアシスト機能」を備えた「パーキングアシスタント」も標準装備となり、万が一狭い道へ迷い込んだ場合でも焦らず脱出することが可能です。

画像ギャラリー


新着情報