かつてはフェラーリ圧勝もいまやランボルギーニが僅差に迫る! それでも販売台数の「逆転」がないと言い切れるワケ (1/2ページ)

かつてはフェラーリ圧勝もいまやランボルギーニが僅差に迫る! それでも販売台数の「逆転」がないと言い切れるワケ

この記事をまとめると

■ランボルギーニの2021年世界販売台数は8405台で過去最高セールスを記録した

■フェラーリの世界販売台数は1万1155台でかつてに比べれば販売台数の差は縮まった

■フェラーリのSUVが発売されればフェラーリの販売台数は倍増する可能性が高い

世界販売台数8405台のうち半数以上がSUVのウルスだ

 ランボルギーニ社の業績が絶好調だ。2021年、ランボルギーニは全世界(52カ国)で8405台を販売。過去最高のセールスを記録した。前年比13%増である。ランボルギーニの業績を支えているのは、一にも二にもスーパーSUVのウルスである。昨年は、全体の約6割(5021台)をウルスが占めた。

【関連記事】人生「勝ち組」でも水面下の「苦労」はハンパない! 思ったよりラクじゃない「スーパーカー乗り」の悲哀5つ

ランボルギーニ・ウルスのフロントスタイリング画像はこちら

 近年はポルシェでも、カイエンとマカンのSUV勢が販売の6割を占めているが、それとまったく同じ構図だ。富裕層の多くは、スーパーカーを保有しつつ、普段乗り用にスーパーSUVを買っている。スポーツカー専業メーカーにとって、SUVは打ち出の小槌である。

 その他のモデルは、V10のウラカンが2586台、そしてすでに販売が終了したV12フラッグシップのアヴェンタドールが798台。数字を見れば一目瞭然、ランボルギーニはポルシェ同様、スーパースポーツを看板に、SUVでオマンマを食っている。

ランボルギーニ・ウラカンのフロントスタイリング画像はこちら

 日本市場はどうかというと、昨年の販売台数は457台。前年比27.6%減で、2年連続で減少した。この結果、日本はランボルギーニの国別販売ランキングで、世界第4位から第5位に転落している。

画像ギャラリー


新着情報