たかが「色」なのにさらに価格が上乗せ! 中古価格爆あがりのボディカラーのクルマ3選 (1/2ページ)

たかが「色」なのにさらに価格が上乗せ! 中古価格爆あがりのボディカラーのクルマ3選

この記事をまとめると

■限定車や短い間だけ設定されたボディカラーは中古相場が高い傾向にある

■アニメやドラマで使用されたモデルと同色という場合もその傾向が強い

■色の影響で新車価格を遥かに上まわるモデルも存在する

ボディ色の影響でその1色だけ中古相場が異様に高いケースがある

 トヨタの高級車であるクラウンに突如設定されたピンクのボディカラー。当時のCMキャラクターであったドラえもんのひみつ道具「どこでもドア」の色をモチーフとしたもので、「リボーンピンク」と呼ばれる特別仕様車のカラーとして実際に発売された。

【関連記事】じつは塗料は基本同じ! 高級車のボディカラーが色褪せない理由とは

クラウンリボーンピンク走り画像はこちら

 そんな通称ピンククラウンは、すでに型落ちモデルであるにもかかわらず中古車市場で高値となっており、その特徴的なボディカラーがプラスに要素していることは間違いない(期間限定販売というのもあるかもしれないが)。

 そこで今回は、ボディカラーによって相場の平均価格よりも高値で取引されているクルマをピックアップしてみたい。

トヨタ・スプリンタートレノ(AE86型)/ハイテックツートン

 頭文字Dの影響で一気に爆発的な人気車種となったAE86型スプリンタートレノ。その中でもハイテックツートンと呼ばれるカラーを纏った3ドアモデルは圧倒的な人気を誇っている。

AE86トレノ画像はこちら

 このハイテックツートンとは、いわゆるパンダカラーと呼ばれる上がホワイト、下がブラックの頭文字Dの劇中に登場する藤原拓海のトレノと同じカラー。当時の前期型のカタログ表紙にも同様のカラーの3ドアモデルが登場しているため、当時から人気のカラーであったのだが、頭文字Dの影響でさらに高騰したことは間違いないだろう。

名前:
小鮒康一
肩書き:
-
現在の愛車:
日産リーフ(2代目)/ユーノス ロードスター/マツダ・ロードスター(2代目) /ホンダS660/ホンダ・オデッセイ(初代)/ 日産パルサー(初代)
趣味:
長距離ドライブ
好きな有名人:
ザ・リーサルウェポンズ

画像ギャラリー


新着情報