16気筒に4つのターボで1500馬力! ベースモデルは3億円! スーパーカーが「庶民車」にみえる怪物「ブガッティ・シロン」 (1/2ページ)

16気筒に4つのターボで1500馬力! ベースモデルは3億円! スーパーカーが「庶民車」にみえる怪物「ブガッティ・シロン」

この記事をまとめると

■ブガッティ・ヴェイロンの後を継ぐモデルとして登場したハイパーカーが「シロン」

■1500馬力の8リッターW16エンジンをミッドに搭載し、デビュー時の価格は約3億円

■シロンをベースにオートクチュールさながらにさまざまな派生モデルが誕生している

ヴェイロンの後継モデルに相応しい超絶スペックのシロン

 VWグループへと収まったブガッティが、最初にシリーズモデルとして作り上げた「ヴェイロン」は、その1001馬力という最高出力と407km/hの最高速で、世界のスーパーリッチを魅了した。実際にその生産は2005年から2015年にかけて行われ、この間には300台のクーペと、グランスポーツと呼ばれる150台のオープン仕様が生産されたことも、ブガッティの歴史に詳しい人には良く知られたところ。

 ちなみにヴェイロンとは、1939年にジャン・ピエール・ウィミーユとともにル・マン24時間レースを制した、ピエール・ヴェイロンの名に因むもので、300台のクーペ、そして150台のグランスポーツのなかにも、さまざまな仕様が存在した。

【関連記事】人生「勝ち組」でも水面下の「苦労」はハンパない! 思ったよりラクじゃない「スーパーカー乗り」の悲哀5つ

1939年のル・マン24時間レースを勝利したピエール・ヴェイロンとジャン・ピエール・ウィミーユ画像はこちら

 このヴェイロンの後継車として2016年のジュネーブショー前日にワールドプレミアされたのが、ここで紹介する「シロン」だ。この車名もまた、かつてブガッティを駆り、レース・シーンで活躍したルイ・シロンから採られたもので、そのフィニッシュはまさに数あるハイパースポーツのなかでも最高級を極めたものにあると評しても、それに異論を唱えるものは少ないだろう。なにしろシロンの価格は発表当時で240万ユーロ(約3億円)。これはヴェイロンの約2倍にあたる価格だったのだから。

ブガッティ・シロンのフロントスタイリング画像はこちら

 ヴェイロンと同様に、ミッドにW型16気筒クワッドターボエンジンを搭載するシロンだが、その最高出力&最大トルクは、最初から1500馬力&1600Nmという驚異的なものだった。このパワートルクを受け止めるためには、およそ車体のすべての部分をリニューアルすることが必要で、それはヴェイロンと同様にダラーラへと委ねられたカーボンモノコックから始まることになった。

ブガッティ・シロンのエンジン画像はこちら

 ミッドに搭載されるW型16気筒クワッドターボエンジンもまた、ヴェイロンからのパワーアップ版ではない。つまり1500馬力という最高出力を得るために、単純にターボを大型化するようなことはしなかった。これはアクセルペダルの動きに対するレスポンスが悪化し、満足できるドライバビリティが得られなかったためとブガッティは説明する。

ブガッティ・シロンの走行シーン画像はこちら

 結果、採用されたのはシーケンシャル制御のターボシステムで、各バンク低速域では小径のプライマリーターボへ排気ガスは流れ、3800~4000rpmを境にセカンダリーの大型ターボチャージャーへとそれは切り替わるシステムとなっている。組み合わされるギヤボックスはリカルド製の7速DSG。そのシフトプログラムを最適化することも、開発時には重要な課題だった。

ブガッティ・シロンのシフトレバーまわり画像はこちら

画像ギャラリー


新着情報