ランクルの異例の4年待ちにディーラーも困惑! 「待ちきれずにキャンセル」「申し込み金ゼロ」は可能なのか販売店を直撃した (1/2ページ)

noteで書く
ランクルの異例の4年待ちにディーラーも困惑! 「待ちきれずにキャンセル」「申し込み金ゼロ」は可能なのか販売店を直撃した

この記事をまとめると

■トヨタ・ランドクルーザーを注文する場合は申し込み金が必要なのか?

■極端な納期だが、キャンセルはできる?

■納期遅延は、新型コロナウイルスの影響ではない

今後、納期が伸びる可能性も……

 トヨタのホームページを見ると「ランドクルーザーの納期は4年程度」と記載されている。販売店に尋ねると「一応4年とされるが、今後、伸びる可能性もある。逆にキャンセルが発生すれば、順位が繰り上がって短縮されるかも知れない」という。

【関連記事】ランクル300は異例ずくめ! 超長期納車待ちに「厳しい購入審査」が存在した

トヨタ・ランドクルーザーの外観画像はこちら

 仮に4年以上待つことを前提にランドクルーザーを注文する場合、申し込み金は必要なのか。この点も尋ねた。「通常は購入時に納める諸費用に相当する金額を、申し込み金として預かる。ランドクルーザーは価格が高く、税額も増えるので、申し込み金は50万円前後になる。しかし今は納期が極端に長いので、お客様が申し込み金の支払いを拒まれた時は、無理はしていない。お客様の気持ちに応じて対処している」。

 4年以上も待つとなれば、その間にユーザーの生活環境が変化することも考えられる。たとえば海外勤務になることもあるだろう。あるいは子供が運転免許を取り、改めて運転しやすいクルマを選ぶことも考えられる。この点はどうなのか。

名前:
渡辺陽一郎
肩書き:
カーライフ・ジャーナリスト/2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員
現在の愛車:
フォルクスワーゲン・ポロ(2010年式)
趣味:
13歳まで住んでいた関内駅近くの4階建てアパートでロケが行われた映画を集めること(夜霧よ今夜も有難う、霧笛が俺を呼んでいるなど)
好きな有名人:
-
noteで書く

画像ギャラリー


新着情報